2018年のカレンダーをインフィニティで創りました。

私が一生の心の師と仰ぐ陶芸家 北川八郎先生が地元 熊本県小国の風景を写真に撮り、そこに言葉を頂いたものです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1月は雪の中の小国町。

「純粋性に心 うたれない人はいない」

 

日頃、私たちはどれくらい「純粋」に行動をしているでしょうか。

下心見え見えの行動ほどいやらしいものはありません。

そこまででなくとも、心のどこかにちょっとした期待や甘えや、いわゆるスケベ心はないでしょうか。

全くの純粋の気持ちで事に当たっているでしょうか・

 

今、部長を手伝っておけば、査定に良い評価をもらえるかもしれない。

次の交渉を有利に進めるためには、今、できるだけお客様の言うことを聞いておいた方がいいな。

 

これらの行動の動機は純粋性とは遠くかけ離れたものです。

相手には分からなくても自分自身は知っているはず。自分の行動動機は純粋ではないと・・・

 

純粋性に心 うたれない人はいない

だから、そういう人を見た時、知った時、私たちは涙し、共感し、応援し、心震える思いを憶えるのでしょう。

どんな時にも、どんな状況であろうとも、純粋性を大切にしていきたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です