インフィニティについて

何をしたいか 誰としたいか

新たなプロジェクトが始まるためどんな風に進めようか、何が適切かなどここ数日、あれやこれやと考えています。お客様あっての事なので、そのお客様にベストマッチするものでなければいけません。何がいいかなぁ。どうしようかなぁ。概要が決まったら、誰とそれを進めるか決

インフィニティについて

私のイズムはいらない

「納得」についての説明に、とてもとても納得してくれたKさん。どちらかと言うとそれまでは研修に否定的オーラを発していたしそれは私にだけではなく、研修中のみならず業務時間中も、近づくなオーラ、話しかけるなオーラを周囲に発していたKさんだったのですが「納得」に納得した途端、私

インフィニティについて

新!マネジメント・コンサルテーション

マネジメント・コンサルテーションの内容を刷新!バージョンアップして、とことん、徹底的に、これでもか! というくらいのサポートで、悩めるマネージャーの皆さんのお手伝いができればと思っております。プロフィール欄には、これまでもブログで触れたことはありましたが、私自身の悲しい(?

インフィニティについて

2020年の抱負

新年あけましておめでとうございます。今年も無事に新たな年を元気で明るく迎えることができましたことを、本当にありがたく、また嬉しく思っております。今春でいよいよ創業5年目に突入する弊社ですが、新たな挑戦を試みたいと、昨年末より心が躍っています。一つ目は、組織開発・人材開発の

インフィニティについて 組織開発

自走してほしい

来年1月1日付で新しく組織長となるSさんと、秋から実施してきた組織活性化プログラムの打合せをしました。今まではSさんの上司のTさんと私とで詳細打合せを進めていましたが、これからはSさんとの打ち合わせになります。一生懸命に何度も何度も確認を重ねるSさん。自分の、いえ、自分たち

インフィニティについて

何のためにやるのか 主役は誰か

今の時期になると、「3月までに研修をしたいのですが」というご相談やお問い合わせをいただくことがあります。研修でもワークショップでも、その方法は何でも良いのですが、私が必ず確認させていただくのは、その「目的」です。ご担当者様は「〇〇〇〇〇」だから、とお話しくださるのですが、

インフィニティについて

待つ 耐える 信じる

組織変革や人材育成のサポートをさせていただいて、いつもいつも上手くいくとは限りません。順調にコトが運ぶこともあれば、そうでない時もあります。上手くいかなければ立ち止まり、原因を検証して対策を考えます。歯がゆいのは、その成長のスピードがゆっくりではあるけれども確かであるのに、

インフィニティについて

なぜコーチが必要なのか

先日のスケートカナダで圧巻の優勝を飾った羽生結弦選手にはブライアン・オーサーというコーチがいます。羽生選手に限らず、アスリートの世界ではほんの少しの例外を除いて皆、コーチがついています。それは自分以外の目で客観的に物事を見て判断し、適切なアドバイスを受けることが成長・進化のた

インフィニティについて

応援される会社になる

自分が好きな商品やサービスを扱っている会社は、当然ながらその会社のファンになりますし、応援したくなります。例えば私の場合であれば、お取り寄せして愛飲しているお茶屋さんやお気に入りのタオルメーカー。愛してやまないアイスクリームメーカーもそうですし、ワンコの大好きなおやつメーカーな