インフィニティについて

一念不動

実家の和室に北村西望氏の書で「一念不動」が掛かっています。以前は何も気にしていなかったこの言葉。最近では目にするたびに、自分に問いかけています。自分の一念を私は揺るがずに貫いているかしら?よく言われることとして、成功者とは諦めない人の事。たいていの人は

インフィニティについて

研修は終点なのか、それとも出発点なのか

再び林修先生のお話です。以前テレビで先生は「学校の授業を終点と捉えるか、出発点と捉えるかで教師の対応が変わってくる」とおっしゃっていました。終点と捉える場合には、「正解」を求める。試験で良い成績を取る。受験に合格する。これらを目的とし、目の前の問題が解けることを大切にします。

インフィニティについて

1周年を迎えて

昨年の4月27日にインフィニティが産声を上げてから丸一年が経ちました。しっかりと計画を練り上げてと言うにはほど遠い、私の勢いで生まれた会社です。「やっていけるか」という不安は殆どなく、「とにかくやる!」という気持ちだけで1年が過ぎていきました。お客様に恵まれ、良い仕事

インフィニティについて

必修研修にもワクワク感を!

一定以上の従業員規模の会社では、新入社員研修、新任管理職研修など、社員教育のための研修プログラムを実施しているところが多くあります。新入社員研修は儀式のように当たり前に受講していても、新任管理職研修や中堅社員研修などの階層別研修の段階では、研修に臨む受講生の態度も様々になりま

インフィニティについて

紺屋の白袴にならぬよう

ある勉強会に出席したときのことです。冒頭、主催者挨拶があり、主催企業トップの方のご挨拶がありました。勉強会の内容に触れお話いただいていたのですが、お話を聞いていて、とても小さなことなのですが「あれ?そうだったかな?私の勘違いだったかな?」と感じることがありました。&n

インフィニティについて

あなたにとっての成功とは?

「健ちゃんにとっての成功ってどういうこと?」朝ドラ「べっぴんさん」の主人公すみれが娘婿の健太郎くんに質問した言葉です。「お金をたくさんもうけること?これまでの自分の実績が世の中に広く知れ渡ること?それを成功というなら私は成功なんていらない。」と。何のために仕事をしてい

インフィニティについて

それをやったら致命的!

育成や組織活性化において、「これをやったら成功!」という100%絶対の正解はないと思います。人によって、組織によって、その時々の状況によって効果的な手法、アプローチ、考え方は変わります。しかし、どんな相手や組織に対しても「それをやったら致命的!」なことはあ

インフィニティについて

「何を知ったか」ではなく「何を考えたか」

記憶学習のみで考えることをしていないと、イレギュラーなことへの対応が難しく、環境適応能力が劣ってくると言われています。私は子供のころから算数の文章題が好きでした。あーだこーだと考えるのが楽しくて、高校生の時には文系であるにもかかわらず数Ⅲ(今はこういう言い方しないですね。)ま

インフィニティについて 禅語から学ぶ

禅語から学ぶ~「無事」を心掛ける

2017年が明けました。昨年のお正月にインフィニティ設立を決意し、そこから猪突猛進で走った2016年でした。昨年一年間の御礼と今年もお守りいただくようにと初詣へ出かけ、引いたおみくじには「勝」と「考」の2文字が書かれていました。「勝」 小さなことをコツコツと積み重ねる。小

インフィニティについて

インフィニティのスタンス~変革外部支援者として

人材開発、組織変革に関わる仕事を始めてからずっとひっかっかていたことがあります。それは、外部支援の立場として、「お客様=ご支援の対象」を、どのような組織、人々とするかということです。業界1番になるために、まずは売上を1番にする。そのためには、多少のことには目をつぶり、客の