活動記録 誰だって変わることができる

コーチングにおける「提案」の効果

私のコーチングの特徴の一つに、「事例紹介」とそれに絡む「提案」が豊富なことがあります。事例紹介は、私のブラック時代の失敗とそこから脱出するための工夫やコツ。また、これまでの様々な出会いから得た生情報があります。ただ本で読んだり、また聞きした事ではなく、私自身の実

インフィニティについて 活動記録

企業集合研修でありながら、一人ひとりの進捗・成長に丁寧に寄り添ってくれる非同期学習がある!

リアルな集合研修をオンラインプログラムに変更して、受講者一人一人と「向き合えている!!!」と確かな手応えを感じることができるのが集合研修からグループセッションまでの数か月間の振返り。簡単に言うと、オンライン上での交換日記のようなイメージ。参加者全員と個別に交換日記。10人いれば

活動記録 誰だって変わることができる

「あんなに変化した人は見たことがない」と社長が驚いたM部長の真実

背水の陣に立たされてコーチングの門をたたいたM部長。上司の評価は厳しいもので、このままでは降格はおろか、自分の存在意義を見出すことができずM部長自身がダメになってしまう寸前の状態でした。自分を見つめ直し、自分のありたい姿を見つめ直し、今とのギャップを振り返り、自分に小さ

活動記録 組織開発

今こそ、ゆるっと風土改革

もっと良い会社にするために風土改革を進めます!上場企業様の全社プロジェクトによる取り組みとして、トップからこう宣言したものの、コロナ禍による8割リポートワークを遵守している中で、どのようにプログラムを進めていくのか。人材開発部ご担当者様と試行錯誤を重ねに重ね、ようやくス

活動記録

あなたの「器」と「認識の枠組み」を広げませんか?

「人は一生に渡って成長・発達することができる」という考え方に基づく「成人発達理論」ではその成長には「水平的成長」と「垂直的成長」の2つがあると言っています。水平的成長とは知識やスキルの獲得のことで、これは子供の頃から一生懸命行ってきているし、社会人になってもこれがなくて

活動記録

人事が現場ヒアリングをする意味は

20代前半で管理職研修の担当に抜擢されたAさん。マネージャーのフォローがあるとはいえ、不安でいっぱいです。人事は現場を知らなければいけない。どんな事に困り、何を欲しているのか、直接生の声をヒアリングしたい。そんな風に思うけれど、まだ若いAさんに対して現場のマネー

活動記録

コーチングもファシリテーションも万能ではない

本人の自主性を重んじ、やる気を促し、他責ではなく自己責任で物事に取り組んでもらうために、押し付けるのではなく、促し、引き出し、本人に決めてもらうというのは大切なやり方です。グループならファシリテーターが引き出す役割を担ったり、コーチングをを行ったりということがあります。

活動記録

素直さが影を潜めるのは・・・

同じ悩みを持つ管理職どうしの研修とはいえ、本音をさらけ出して話し合えるかどうかと言えば、必ずしもすべての企業様でそれが起こるとは言い切れないし、人によっても様々です。中には突っ張って(かっこつけて)うまくいっていないことを言えなかったり、困っていることは別にないし問題も

活動記録

あなたはちゃんと分かっている

組織診断でレッドマークが点灯。その理由について、「マネージャーが少ないためマネジメント行き届かない」「組織再編成やコロナの影響も大きい」と語っていた部長さん。しかし1時間のセッション最後の部長の言葉は「自分がメンバーを同じ想いにさせる言葉が欠けている」「自分の真意を分か

活動記録

トラブルがあっても当たり前

本日のオンライン研修で、ちょっとしたトラブルがありました。私が画面共有で解説をしている時、腕で「×」を示す受講者さんの映像が見えたのですが、私はそれを、「説明していることができていない」のボディランゲージだと勝手に思ったのです。実は、その「×」は「聞こえない!」