大相撲夏場所は、白鵬が1年ぶりの全勝優勝で幕を閉じました。

最近では稀勢の里フィーバーも手伝って大相撲人気に火がついているようですが、かつて、相撲人気が下り坂だった頃、「横綱としての品格がない」とバッシングを受けた横綱がいました。

相撲の世界で横綱とは最上位の番付。大相撲を象徴する存在として、稽古の仕方、日常の言動など、トップとしてふさわしいふるまいが求められます。そして、ただ強いだけではなく、勝ち方までもが正々堂々と美しい勝ち方を求められます。土俵を既に割っている相手力士に対してダメ押しのように突き手をした横綱に対して、「横綱の品位に劣る」と厳しいコメントが向けられたことがあるのをよく覚えています。

 

今場所、稀勢の里は残念ながら休場となってしまいましたが、1日目、ケガした肩にテーピングをしっかりとして現れた時、「こんな姿をお見せして申し訳ありません。」と言っていたのが印象的でした。

横綱という重責を担っているとしっかり自覚することで、このような言葉が出たのかと思います。

 

あなたはチームを預かるリーダーとして、その自覚をどれくらいしっかりと認識していますか?

あなたは組織を代表するチームリーダーとして、人に恥じることのない、また、メンバーが他人にあなたを誇ることができる、リーダーの品格を持ち合わせていますか?

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です