今月から来年3月まで、トップ営業マンから若くして昇格した支店長への

コーチングが始まりました。

自分だけをマネジメントすれば良かったのに、多様なメンバーを抱え、

とてもご苦労なさっている様子です。

 

支店内昇格のため、周囲の見る目も厳しく、

ご本人いわく、一時はノイローゼになりそうだったとか・・・

わかります。 その気持ち。

部内昇格は、良くも悪くも、いろいろとやっかいです。

 

このお若い支店長。

すごいな~  と私が感心したのは、とても「素直」だということです。

 

営業マンとしてしっかりと実績を築いてきたのだから、もっと生意気なのかな?

と思っていたのですが

カラカラに乾いたスポンジがどんどんと水を吸収するように

あーだこーだと自分で決めつけずに、まずは良いと思えることをやってみる

という姿勢に、

「成長する人はいくつになっても人の言葉に真摯に耳を傾け、そして『素直』」

と思いました。

 

私が若いころ、この支店長の素直さの半分でもあったら、少しは違っていたのかなぁ

と思ったり。

 

でも、人はいくつになっても、いくつからでも

その気になれば「変わることができる!」のです。

 

コーチングや研修でのお仕事は、人の育成に携わっていながら

私自身が一番、成長の機会を頂いているとも言えます。

その機会を無駄にしないよう、私も、もっともっと、素直になろう!

と心に誓ったのでした。

 


 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です