とっても偏食なメンバーくん。

おせっかいだとわかっていても、お姉さんは(”おばさん”ではありません!)、

あれこれ言いたくなっていしまいます。

以下、その会話。

 

私 「主食がお菓子じゃ身体によくないよ。今は若いからいいけど」

メ 「いいんじゃないですか。好きなもの食べれば。」

私 「大好きな彼女が同じような食生活でも?」

メ 「いいんじゃないですか。好きなもの食べれば。」

私 「奥さんのお腹に赤ちゃんがいても?君の子供だよ。」

メ 「いいんじゃないですか。好きなもの食べれば。」

私 「育ち盛りの君の子供が、こんな食生活でも?」

メ 「いいんですよ。食べたいものを食べれば。」

 

もう、私、お手上げです。

人は無理やり変えられない。

 

どんなに身体に悪いと言っても、彼がその必要性を感じて

「変えよう!」「変わりたい!」「変わらなきゃ!」「絶対に変る!!」

と思わなければ、願わなければ変わらない、

その、ごくごく当たり前に分かり切った事実を、改めて痛感しました。

 

インフィニティでは、「変わりたい」「変わらなきゃ」と思っていただく「場づくり」に力を入れ、

頭ごなしに「あなた、ココがダメだから、こうしたほうがいいですよ。でないと大変よ~」

などという、外的コントロール的なアプローチは一切致しません。

様々な角度から、サブリミナル効果を狙って、じわりじわりと

「変わらないとマズいかも・・・」「変わらなきゃ・・・」 と勝手に思っていただく

そんな仕掛けが満載の、ある意味 「怖い」(笑) プログラム構成になっています。

 

ちなみにこのメンバーくんにあれこれ言うのは私、一切やめました。

だって、彼を私が直接的に無理矢理コントロールすることはできないから。

じゃあ、諦めたのか? 見捨てたのか? 他人だから知らん、って。

 

いえいえ、そうではありません。

押してもダメなら、引いてみな です。

人は、他人から押し付けられるのが嫌い。

自分で決めた!自分で選んだ! と思いたいのです。

このメンバーくんはまさにそのタイプ。

だから、私のあーだこーだは、彼を意固地にさせるだけで、逆効果だったのです。

 

それではどうしかたって?

そのお話の続きは、また次回に。

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です