学生時代からの親友で経営者として大先輩の友人が、ある日突然、ファウンダーとして取締役を務めていた会社の株主総会で解任されてしまいました。

テレビドラマさながらの裏取引があったようで、淡々と事実を説明してくれた彼女の話を聞いていて、身近にもそんなことがあるんだと唖然としてしまいました。

私が知る最もポジティブな部類に入る彼女もさすがにショックは大きかったようで、しばらくは泣き暮らしたようでした。

そんな彼女も時間に少しずつ癒され、今日は元気な声を聞くことができました。

「私ね、思ったの。従業員にとって、働く場所がなくなるということは最大の苦しみじゃない?コンサルとしてそういう人たちの相談に乗りながら、本当は彼らの痛みを真に理解できてなかったな、と思ったの。今回の事で、彼らの苦しみが少しは理解できたと思う。いきなり仕事を奪われる、仕事ができなくなる、ってこういうことなんだと。これは神様が、『今までは形式的なかかわりしかできていなかった。真に理解した今だからこそ、やり直してもっとクライアントに寄り添ったコンサルをしろ。』というメッセージだと思ったの。」

かつて私も「もう会社に来なくていいです。」と言われ、まさに青天の霹靂だった経験があるため、彼女の言うことがよくわかりました。

 

同じ体験をして初めて相手の痛みがわかる。

マネジメントの苦労を味わい、メンバーとして辛酸を舐め、経営者として苦渋の決断をした経験があるからこそ、現場の皆さんの痛み、苦しみ、悲しみを共有できる。そんな私たちだからこそ、何かお役に立てることがあるのだと思うのです。

 

彼女は既に前を向き、次の準備のために走り出しています。やっぱりスーパーポジティブな女性です。

働く人たちの心の健康のために何とかお役に立とうと必死で走る彼女にエールを送ると共に、私も彼女に負けないよう、全ての人たちがイキイキと前を向いて自分を輝かせることができるチームづくり、マネジメントの支援を使命として走り続けようと改めて心に誓いました。

2017年08月23日

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です