マネージャーの仕事とは、メンバーの心をつかむこと。

「おらおら、もっと働け。もっと稼げ。」とお尻を叩くのではない。

メンバー一人一人がマネージャーに信を抱き心を任せる。それがメンバーの心をつかむということ。

そのためには・・・

マネージャー自らがまず、メンバーに与えること。

何を与えれば良いのか。

メンバーのために役に立ちたいと行動している。メンバーが何を求めているかに注意を向けている。

勇気、励まし、いたわり、愛情、優しさ。

そして最大の武器は「笑顔」

作られた笑顔ではなく心からの笑顔を。

マネージャーの笑顔は周囲に勇気を与えます。

眉間にしわを寄せたしかめっ面のマネージャーはチームに緊張を作ります。

メンバーの前での他人の悪口や嘆き、悲観的な言葉は、チームに暗雲をもたらします。

 

いつも笑顔で周囲に感謝を。

マネージャーの仕事はそこから始まるのです。

え? そんなこと???

そう! そんなこと。

そんなちっちゃな事ですが、それに気づき、「笑顔と感謝」に徹したとき、周囲は大きく変わりました。

物事すべてがうまく回り始め、チームの雰囲気は断然良くなり、情報共有がしっかりと行われ、行動は促進され、成績がどんどん良くなってきたのです。

 

マネージャーの仕事は管理でもメンバーのお尻を叩くことでもないのです。

笑顔と感謝。

忘れずにいたいですね。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です