世界で唯一、女性の運転が認められていなかった国、サウジアラビアで来年にも解禁されるというニュースが大きく報道されていました。

宗教的理由とは言え、そんな国があったことに驚いたと共に、宗教界を敵にまわしても改革を強行しようとしているムハンマド皇太子の思惑の陰には国民のおよそ半分が20歳以下という、日本では考えられない若い国であることにも非常に驚きました。

その若いサウジで女性の運転解禁の報を受け、女性の立場向上をずっと訴え活動してきたサウジの女性活動家がツイッターに投稿した内容が印象的でした。

「地球上で最後の国が女性に運転を許可した。私たちはやった。雨は1滴から始まる」

 

現状を何とか変えたいと思っているとき、私たちは果たして積極的に行動できているだろうか。

ほんの少しの困難ですぐに諦めたり、誰かや環境のせいにしたりしていないだろうか。

誰かが何とかしてくれるのを待ちながら他力本願に甘んじて、そのくせ文句ばかりを言っていないだろうか。

 

何かを変えたいと願う時、願うばかりでは何も始まりません。

今この瞬間に劇的に変わることはなくとも、最初の一歩を踏み出さない限り、ほんの小さな小石でさえも動かすことはできないのです。

 

職場を変えたい。チームの雰囲気を良くしたい。仲間との協力関係をもっと良くしたい。自分自身がもっと変わりたい。

いろいろな「変えたい」があるでしょう。

誰かが変えてくれるのではなく、あなたが行動することで大きな岩をも動かすことができるのです。

「地球上で最後の国が女性に運転を解禁した。わたしたちはやった。」とても勇気づけられる言葉でした。

雨は1滴からはじまるのです。

勇気をもってあなた自身の変革へ、最初の一歩を踏み出しましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です