いつもはもっぱらマネージャークラスの皆さんへのお手伝いが多いのですが、先日は、バックヤードの女性スタッフの皆さんに「元気になってもらう」というプログラムを実施しました。

私にとってはレアな内容なので、一人リハーサルを何度も行いましたが、それでいいのかどうかの感覚が全く掴めません。

当日は参加者の皆さんの表情をいつにも増してよく観察し、皆さんに寄り添う事に集中しました。

 

女性ならではの表情筋トレーニングと小顔トレーニングでアイスブレイクした後、ワオ!スト―リーの共有とそこからの学び。皆さん、とても多くの気づきと学びを得ていただけたようでした。

人生、いつもワオ!とはいかないので、セルフコントロールの2つのコツを学び、また、脳は嘘つきなのでだまされないようにするためのヒントをお伝えしました。

そして、近未来の自分をイメージして、自分の方から脳をだまして実現できるうにTo Doを考える。

 

短時間での実施のため、駆け足の部分も多かったのですが、皆さんの笑顔と笑い声と、しかし真剣に未来に向き合う姿を見ていて、同じ女性として、ちょっとだけ(?)人生を長く生きている先輩として、もっと女性を、しかも、一線級の方達も良いですが、バックヤードで一生懸命もがいている女性たちを応援する取り組みも、もっともっと取り組んでいきたいと強く思いました。

みんなが笑顔になる。みんなの笑い声が溢れている。笑顔に溢れる職場を作ろうと彼女たちが前向きに思うようになる。

なんて素敵な事なんでしょう。

 

受講後にいただいた感想を読んでいて、涙うるうるのモノも沢山ありました。

彼女たちのようなバックヤードの皆さんがイキイキと前向きに楽しく働ける、彼女たちが良い会社だと感じることができる職場が、本当に良い職場なのではないかと思います。

 

私のミッションがまた一つ新たに加わりました。

しかし、根本は同じですね。マネージャーであろうと、バックヤードの女性スタッフであろうと、「すべての人には無限の可能性」があります。

「みんなが笑顔で幸せになれる」、そのためのお手伝いをこれかれらもひたすらに行っていきたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です