「外国籍のメンバーは価値観が全く違うから相手にするのは難しい」
「今の若いスタッフの価値観は全く理解できない」

こんな話をよく耳にします。
外国籍だろうと若いスタッフであろうと、「自分以外」の人と価値観がドンピシャに合うということはそうそうありません。ごく当たり前のことですが、人はそれぞれですから。
ところが、人は自分の価値観で物事を考えがちですし、自分と異なる価値観の相手を見つけて「あの人はおかしい」としてしまうのです。

価値観というのが少し堅苦しければ、「大切にしているモノ・コト・考え方」と言った方が分かりやすいかもしれません。

 

「あなたが好きなモノ・コト・考え方は何ですか?嫌いなモノ・コト・考え方は何ですか?」と質問すると、実に様々な答えが出ています。
「一生懸命」「きちんとする」「元気」などが好きな人もいれば、「ゆったり」「ほどほど」「静か」が好きな人もいます。
「チームスポーツ」「一体感」などと書く人もいれば、「読書」「瞑想」「一人でのんびり」という人もいるのです。

 

 

褒められて嬉しい言葉、やる気になる言葉」を質問しても同様です。
「さすが!」「任せたよ」「自由にやっていいから」が好きな人。「丁寧だね」「優しいね」「安心して頼めるよ」などが良いという人もいます。
「君なら大丈夫だね」が良い人。プレッシャーになるからそれはイヤな人。
「チームのために!」で俄然エンジンがかかる人。それでは全く響かない人。

 

 

それぞれの「大切」「好き」「嬉しい」を改めて確認してみると、結構違ったりするものです。真逆の場合もあります。
良い悪いではなく、それが個性。「その人」なのです。
ところが!
繰り返しになりますが、人は自分の価値観でモノを見、考え、判断し、それが相手にとっても「そうだ!」と思ってしまう時があるのです。

マネージャーがメンバーに対して。
教師が生徒に対して。
親が子供に対して。

大切な事だから。
こんな風に言えば響くはず。
それは違うから。
このキーワードでやる気スイッチを押そう。

しかし、それらが相手にとっての「大切」「好き」「嬉しい」出なければ、響くどころか迷惑な押し付けにすぎません。
「こんなに言っているのに」「あなたのことを思って」「どうしてわからないの?」
そう叫ぶとますます相手は遠ざかっていくのに、自分の価値観をどんどんと押しつけてしまうのです。

自分と他人との価値観は違うのです。
至って当たり前のことなのに、それを忘れてしまってイライラしたり、腹を立てたり、悲しんだりしている私たち。

相手の大切・好き・嬉しいをまずは知り、受け止めましょう。
共感しろとは言いません。受け止めるだけ、「そうなんだ~」「それが好きなんだね」としっかりと受け止めてあげるだけで良いのです。
自分の大切や好きを全く否定することなく受け止めてくれる、さらには話を聞いてくれる他人に対して、人は好意を抱くものです。
大好きなサッカーチームやスター選手をけなされたら、物凄く腹が立つけど、「あいつ、いいよね!」などと受け止めてもらえたら、その人との距離感が一気に近くなるのと同じです。

そうして「大切」「好き」「嬉しい」と、目指すべきゴールを上手く関連付けながら成長へと導いてあげることができたなら、やらされ感は全くなく、勝手にどんどんと人は成長の階段を昇っていくのでしょう。
自分と他人とは違うのです。
当たり前のことをついつい忘れがち。心しておきたいですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です