「僕が本当は受講したいのだけど、この世界では名前も顔もそれなりに知られているので、勉強しに来ていると思われたくない。だから、尾藤さんが受講して内容を教えてください。君も興味あると言っていたでしょう。」

かつて、上司にこう言われた時、「偉くなると自由に学ぶこともできずに不自由なんだな」などと思ったものです。
上司が私に示した講座はとても興味があったし、個人で支払うには高額だったので、かえって喜んでその話を引き受けました。

しかしよく考えてみればおかしな話です。
その世界では有名だから、今更学んでいると思われたくない。本当は学びたいのに。
これって、「完全だと思われたい」という気持ちの裏返しに他ありません。もっと端的に言えば、ただの見栄です。
ところが当時の私は、私自身がそうだったため、そう言う上司を気の毒に思いこそすれ、おかしいとは全く思わなかったのです。

いくつになっても、どんなに高名になっても、人は学ぶことを止めたらその時点で下降の一途をたどってしまう。
それは技術であれ、知識であれ、人としてのあり方であれ、どれも同じです。
ある講座で偶然にもご一緒した方は、有名な大学教授。またある方は、ある一定の世界ではかなり知られたコンサルタントの方。
「最近はどんなだか、知っておかないと浦島太郎になっちゃうからね。」と少年のような笑顔で講座への期待を語られる様子が印象的でした。

既に人に教える立場だから。マネージャーだから。社長だから。
そんなことはどうでも良いのです。
学びたいから学ぶ。必要だから学ぶ。楽しいから学ぶ。好きだから学ぶ。
新たなコトを学ぶ。もう一度学び直す。確認するために学ぶ

あなたはちゃんと学んでいますか?
見栄を張らずに。自然体で。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です