「今まで誰にも言ったことがなかったんですが、実は・・・・・」

そう言って、Tさんはご家族についての打ち明け話をしてくれました。
私よりも一世代上のTさんはご主人とお母さま、お嬢さんとお孫さんの5人家族です。
縁あって皆さんとも顔なじみで、お嬢さんやお孫さんとはよく言葉を交わします。

「実は孫があの時あんな風になったのは、娘に原因があって・・・・」

先日、お孫さんがちょっとしたことに驚くほど執着し、また興奮状態に陥ってしまったところに居合わせたため少し心配だったのですが、もともと少しユニークな所のある小学生という印象だったため、驚きはしたものの、彼の特徴なのかとも思っていました。
Tさんはお嬢さんのこと、お孫さんのことを詳しく話してくれました。
驚きの内容だったため、ただ私は頷きながら聞くことしかできず、Tさんが全てを話し終えた時、たった一言、「そうだったんですね。」と言うのがやっとでした。

一風変わっているけれども底抜けに明るく甘えん坊の小学6年生だと思っていたお孫さんには、彼がまだもっと幼いころに重く暗い影を落とすような辛く悲しい体験があったこと。
彼の母親でありTさんのお嬢さんはいつも笑顔でちょっぴり天然のウッカリさんが入った可愛いママですが、彼女には想像を絶するような悲しい過去があり、それが彼女の大切な息子、Tさんのお孫さんにも強く影響していること。

後に繋ぐ言葉が見つからず黙り込んでしまった私にTさんが言いました。

「誰にも言ったことがなかったんです。けど、孫のことを真剣に心配してくれて、いつも私たち家族によくしてもらって。だから話してみようかな、と思ったんです。」

そう言って微笑むTさんも、実はお嬢さんやお孫さんの苦しみや悲しみを長年に渡って一緒に背負ってきたのだということがよく分かりました。

お孫さんのことを「ちょっと変わった特徴を持つ子」と思っていた私自身を恥じました。
これまでの彼の言動を思い返した時、それは彼の哀しみをなんとか自分でコントロールしようとするものであったり、母親へのたまらないほどの愛情表現であったりという事が痛いほどによくわかりました。
お嬢さんの明るさはある意味作られたものであり、そうすることで自分を保とうとしていることも分かりました。

ああ。私はなんと浅はかだったのだろう。
相変わらず人を表面だけで判断していた。
それなのにTさんは私にこんなに大切な秘密を打ち明けてくれて、私はTさんとTさんの家族に何をしてあげられるのだろう。

そんなことをずっと考えていました。

「娘も孫も、尾藤さんのことをお姉さんや母親のように慕っているので、これからも今まで通り仲良くしてやってください。特に孫はいつも尾藤さんの話をよくするんですよ。ちょっと変わってるでしょ? 前はあんな風じゃなかったんですけどね。変な子扱いしないで普通に接してくれる尾藤さんが孫は大好きなんですよ。」
私の気持ちを推し量ってか、Tさんが優しい笑顔でそう言いました。

「もちろんです。今まで以上にお孫さんのことが好きになったし、愛しく思えてきました。頑張り屋さんのお嬢さんも、もっともっと応援させていただきます。それからTさんも。いつでも何でも、私をはけ口にしてください。何にも力になることはできないかもしれないけど、話を聞くだけだったらいくらでもできます。同じ気持ちになることも。一緒に笑ったり、一緒に怒ったり、一緒に泣いたり。いつでも気兼ねなくお話してくださいね。」

するとTさんが言ってくれたのです。
「何でも話せる。恐れとか心配とか、そういうのなく、何でも話すことができる。それだけで本当にありがたいんです。尾藤さんにはそれができる。多分、娘も孫もそう思っているはずです。私たちの方がお礼を言わなければいけません。今まで誰にも言わなかった、言えなかったことを話すことができた。それだけで、重い荷物を一つ降ろすことができた気持ちです。本当にありがとうございます。」

コーチングでもコンサルテーションでも、仕事でもプライベートでも、一生懸命に誰かの話を聞いて、その結果、何かアドバイスできることがある場合もあれば、ただ聞くことしかできない場合もあります。
話を聞いた時の私の気持ちや考え、感想を言う事ができる場合もあれば、それさえできない今回のような場合もあります。

ただ!
「聴く」ということは本当に素晴らしいことなだのと思います。
相手のために今ここに存在していて、相手のために全身全霊で聴いている。頭ではなく心で受け止めている。
そうすることで、何か特別な言葉を発することがなくても、相手には十分に伝わるものがあるし、相手の心を軽く、明るくすることができるのです。

話をしてくれたTさんありがとう。
私はもっともっと「聴く」ことに磨きをかけ、たくさんの人たちの力になりたいと思います。

Tさん ありがとう。 大好きです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です