「そんなんだからダメなんだよ~」
「だから失敗しちゃうんだうよ~」

大切なメンバーに対して、こういう注意の仕方をしていませんか?
これ、完全にアウト! NGです。
かつての私は全く悪気なしに、こういう言い方をしていたのですが、ある時、普段はとてもおとなしいK子ちゃんにプッツンされてしまい、自分の言葉遣いの浅はかさに気がついたのでした。

いったい、どこがどうしていけないのか。
これらの表現に共通して言えることは、「今現在」と「過去」の両方に対して「否定」していることです。

「そんなんだからダメなんだよ~」は、「今、そういう風だから、過去においても今現在もうまくいかないんだよ」という意味合いに取れます。
「だから失敗しちゃうんだよ~」は、「今の行動・考え方だと、過去に失敗したように今度も失敗する(した)んだよ」という意味合いになってしまうのです。

注意するマネージャーからしてみると、「いや、だって事実そうだもの。いつも失敗繰り返してるし。何回も同じようなこと注意しているし。」と感じているかもしれません。
いえ、感じているだけでなく、実際にそうなのかもしれません。
それでもです!
注意される側からしてみると、今だけじゃなくて過去を蒸し返されているような気になったり、過去から今をずっと否定されているような気持ちになることだってあるのです。
お陰でモチベーション下げ下げです。

さらに悪いのは、今の行動だけじゃなくて、全く別のことまで引き合いに出してダブル否定してしまうこと。
例えば。
「机の周り、もう少しきれいに片付けないとまたこの前みたいに資料紛失しちゃうよ。そんな風にだらしないから彼女できないんだよ。」
仕事上のことで注意をされるのは致し方ないとして、それを飛び越えてプライベートなことや、はては個人の価値観や人格を否定されるようなことにまで及んだ時にはたまったものではありません。

かつて私がK子ちゃんにプッツンされた時には、まさにこれだったのです。
「一つ一つ、もっと丁寧にしないと、またお客様からお叱り受けるよ。そんないい加減だから、お義母さまからも嫌味言われるのよ。」
注意の仕方が過去からの継続否定だということで十分にNGなのに、言わなくてもいい余計な事を言ったものですから、おとなしいK子ちゃんもさすがにたまりかねたのでしょう。
「尾藤さんにそんなことを言われる筋合いはありません!プライベートなことにまで干渉しないでください!!!」と物凄い剣幕で言い返されたのでした。
いやもうこれは、完全に私が悪いわけで、しかし、この時以来、私自身が普段、何気なく言っている注意の仕方が恐ろしくメンバーを傷つけているということを自覚したのでした。

「そんなんだからダメなんだよ~」ではなくて、「そのやり方で大丈夫?」「そのやり方を選んだ理由は?」など、場面に応じて他の言い方がありますね。
「だから失敗しちゃうんだよ~」も同じです。まだ途中段階なら「うまくいかせるために、そのやり方はベストかな?」、失敗してしまった後なら「失敗の理由はなんだと思う?」など色々です。

ただ否定(しかも過去と現在のダブル否定は絶対ダメです)するのではなく、メンバーが「考える」ことができるような注意の仕方、叱り方がメンバーを育てるのです。
確かに目の前でいろいろなことが起こっている時に、しかもそれが緊急の場合であったり、「またなの~」と呆れてしまうような場合、マネージャーだって生身の人間ですからついつい余計な一言を発したり、嫌みの一つも言いたくなってしまうかもしれません。
そんな時は、「イラッ」とするのではなく、「人としての成長チャンス到来!」とポジティブにとらえてみることです。
そして、どういう言い方がメンバーの成長につながるかを考えましょう。

あなたの叱り方、注意の仕方はメンバーのやる気を奪っていませんか?
冷静になった時、たまには振り返ってみてくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です