我が家のワンコは先代犬から手作りご飯で育てています。

というのも、先代ワンコが10歳になるかならないかの頃、膵臓と肝臓が悪くなり、かなり危ない状態になりました。その際、動物病院の先生がダメもとで・・・ と勧めてくれたのが食事療法で、市販のドッグフードから手作りご飯に変えることでした。添加物満載のフードはどうしても内臓に負担をかけてしまうため、季節の新鮮な食材で内臓をデトックスさせて・・・。すると、なんと奇跡的にワンコはみるみる回復し、15歳8カ月まで元気に過ごすことができました。

なので、今のワンコも離乳食の時から手作りご飯。すくすくと育ちました。

ところが、先日の1歳の健康診断で、善玉菌に対して悪玉菌が多いことがわかりました。どうりですぐにお腹を壊すし、おまけに胃酸が強いのか、吐き戻しも多いのです。

今回、動物病院の先生のお勧めは、市販の療養食と、内臓が弱い子向けに作られている市販のフードでした。市販のものに抵抗があったものの、プロの意見には素直に耳を傾けるべきと思い、手作り食を止めて市販のフード(お高いのですが)に切り替えました。

最初はウンチくんの状態がますます悪くなり、「ほら、やっぱり手作り食を食べて育った子だから市販のものは体に合わない」と思ったのですが、続けること3日目。これまでが嘘のように、惚れ惚れとするようなウンチくんにお目にかかることができました。あれは好転反応だったのでしょうか・・・

 

先代ワンコには手作りご飯がベストでしたが、胃腸の弱い今の子には、将来はわかりませんが、少なくとも今の時点では市販フードの方が合っているようです。その子によって、時期によって対応を変える必要があるのです。ごくごく当たり前のことですが。

職場においてはこんな当たり前のことが忘れられ、十把一絡げに対応してしまい、あの子はダメとかこの子は使えないとかやってしまいがちです。面倒でも忙しくても、メンバーによって、成長段階によって、対応を変える必要があるのです。

そう!正解は1つではないのですから!

 

そう言えば、昔、母によく言われました。

「同じように育てたのに、どうしてお姉ちゃんと違うんだろうねぇ・・・」

スーパー優秀な姉を持つ私は、母のこの言葉を聞くたびに、自分の出来の悪さを呪い落ち込んだものでした。しかし、今ならこんな風に答えるでしょう。

「お姉ちゃんへの正解は、私には正解じゃなかったんだね、きっと。」

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です