重要なのは、批評するものではありません。
強い男のつまずきを指摘したり、
立派な仕事をした者にケチをつけたりする
人間でもありません。

真に称賛しなければならないのは、
泥と汗と血で顔を汚し、実際に戦いの場に立って
勇敢に努力する男。
努力に付きものの過ちや失敗を繰り返す男です。

しかし彼は実際に物事を成し遂げるために
全力を尽くします。
偉大な情熱と献身を知っています。
価値ある大義のために全力を傾け、
最後には赫々たる勝利を収めます。
たとえ敗れる時であっても
敢然として戦いつつ敗れます。
だからそういう男を、勝利も敗北も経験しない
無感動で臆病な連中と
断じて同列に並べるべきではありません。

第26代アメリカ合衆国大統領  セオドア・ルーズベルト

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です