凄惨な事件が後を絶ちません。
目を耳を覆いたくなるような内容の報道に触れる度に、胸が潰されるような思いがします。
心が疲れ切ってしまっている人の辛く苦しい悲鳴が悲惨な事件となって表れている気さえします。

生きていると多くの辛い事、苦しい事、悲しい事があります。
職場でもプライベートでも、毎日が100%満足で満ち足りているという人は殆どいらっしゃらないでしょう。
あれが足りない。こうだったらいいのに。
あれが気に入らない。これがムカつく。
足りないものや気に入らないことを数えるのではなく、満たされていること、満足していることを意識的に考えましょう。

仕事でむしゃくしゃした。
バカにされて腹が立った。
失敗して後がなくなってしまった。
自分ばかりがいつも損をしている。

それでも、そこから何を学ぶのか、その学びが今後のどんな成長に繋がるのか、そして成長した輝かしい自分を思いっきり自分勝手に想像して、意識をポジティブに向けましょう。

それでもどうしても心が晴れなかったら・・・・

歩く。走る。ラジオ体操。ヨガ。サッカー。ボクシング。
何でも構わないので体を動かし汗をかきましょう。
とにかく体を動かし、筋肉を使い、疲れ切ってしまいましょう。
じっとしていればしているほど、心はふさぎ込んでしまいます。
無理にでも体を動かし、何かを考える余裕などないほどに肉体を疲れさせてしまいましょう。
途轍もない体の疲れが必ずや、心のモヤモヤをどこかに吹っ飛ばしてくれるでしょう。

あなたの心を整えることができるのはあなただけです。
自分の心を意識して整えましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です