行きつけの美容院で担当の美容師さんとのお話は、情報収集など幅広いお話ができて楽しみのひとつです。たまたま、彼女と私のお気に入りのデパートが同じということもあり、先日は、デパ地下の話で盛り上がりました。

その内容が、実はあまりハッピーな話ではなく、○○デパートの店員さんの質が最近落ちたよね、というものでした。

お気に入りのお店だけに、私はずいぶんと前から感じていて、何とかならないのかなぁ、と思っていたのですが、彼女も強烈に感じているらしく、これはもう、個人の主観ではなく、きっと実際に、何かしらおかしくなっているのだろうとの結論に至りました。

 

「ただ、品物を買ってるだけじゃないんですよね。○○デパートで買っているという満足感が得られないのは寂しいですよね。」

彼女がポツリと呟きました。

そう!私達はモノを単純に手にいれるだけならどのお店でも良いのです。モノの先にあるコト、その人にとって求めている価値も一緒に手にいれたいわけで、だからわざわざ、そのお店を選ぶのです。

 

「うちの店でも同じにならないように気をつけないと。」

全店のマネージャーでもある彼女がキリリと表情を引き締めて言いました。

「私達スタイリストがどんなに技術を磨き、お客様と誠心誠意接しても、それだけではお客様はここを選んで下さらないんです。スタッフ全員一人一人が、予約の電話を取る人、受付応対、アシスタント、全ての人間がこの店の顔であり、お客様に心から向き合って応対しないと。それら全てが揃って私達ですから。」

 

いやもうおっしゃる通り!まだお若い美容師さんなのに、彼女からは毎回学ばされます。

 

そうなのです。ブランドを創るのは、社長でも経営企画でも上司でもなく、そこで働く全ての人々、一人一人なのです。

一社員のちょっとした行動が、その社員の評判を高めもすれば落としもする。

そんな風に思うと、社内への影響力がまだまだ少ない若手であっても、僕も会社を創っているんだと自覚も生まれ、行動の一つ一つにも気持ちが入るというものです。

 

若い頃、「我が社の社員という自覚と誇りを持って行動するように」などと言われたものですが、あまり心に響きませんでした。

今の私ならこんな風に言います。

「みなさん、一人一人の行動が我が社のブランドを創り上げていきます。是非、世の中に胸を張って誇れるブランドを全員で創っていきましょう!」

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です