ロールプレイで部下役をやっていた時のことです。

「あなたは頑張ってきたのですね。」

「あなたのお陰でみんな助かっています。」

ポジティブなことを上司役の方から言ってもらっているのですが、いまひとつ嬉しくないというか、響きませんでした。

 

遠い遠い昔、私がまだ20代の頃の私の先輩は、私のことを「君」とか「あなた」と呼ぶ人でした。

ごくごく稀に名字を言ってくれることもありましたが、基本的には「君」か「あなた」。

私は、その先輩のことが好きだったのですが、いつも、とても寂しく感じていました。

「君」「あなた」と言われると、その寂しさが大きくなりました。

甘えるな~ と言われるかもしれませんが、心の距離・壁 をその都度感じたからです。

 

それがどうしても嫌で、ある時、勇気を出して先輩に言いました。

「あのぉ、すみません。『君』『あなた』ではなく、名前で呼んでください。なんか、冷たく感じてしまって・・・」

まだフレッシュだった私は、それだけ伝えると泣いてしまったのをよく覚えています。

 

先輩はとても驚いた様子でした。

「ごめんごめん。今まで全く気がつかなくて。君のことは、いや、尾藤さんのことは大切な後輩だと思っているよ。距離を感じさせてしまっていたのなら本当にごめんね。これからは気をつけるよ。まったく悪意はないからね。もし、また間違えて「君」「あなた」って言っちゃったら、遠慮しないで注意してね。」

 

遠い昔を思い出し、ロールプレイの上司役の方にも言ってみました。

「課長、あのぉ、すみません。「あなた」じゃなくて、名前で呼んでもらっていいですか。「あなた」と呼ばれると、冷たく感じてしまって寂しいので。」

すると、上司役の方も、過去における私の先輩のようにびっくりしていました。

「えっ? そんなこと言われたの初めて! 別にあなた、いえ、尾藤さんにだけ特別じゃなくて、だれでも「あなた」って呼んでる・・・・。 あ・・・ 名前で呼んでるヤツもいる・・・・」

そしてそのあと、上司役の方がこんなことをポツリとつぶやきました。

「教えてくれてありがとう。名前で呼ばない人は、僕自身の心の距離だったのかもしれない。無意識だったけど。」

 

マネージャーの皆さん。

名前で呼ぶ。 単純なことだけど、とても大切なことではないでしょうか。

もちろん、課長、部長、社長、と役職で呼ぶのではなく、〇〇課長、〇〇部長など、社内でも、もちろんお客様であっても、名前があるのとないのとでは、相手が受ける印象は大きく違うはず・

あ!これは何も、仕事に限ったことではないですよね。

夫婦がパパ、ママと呼び合うのではなく、ちゃんとお互いを名前で呼ぶとか。

 

ちゃんと名前で呼ぶ。

それが関係を築く第一歩なのではないでしょうか。

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です