「念ずれば通ず」
ではありませんが、「心には力がある」と感じる今日この頃です。

・滞って遅々として進まなかったあるプロジェクトが、一気に動き出した。
・どちらも譲れない大切な案件が同じ日にバッティングしてしまい、何とかならないものかと思案していたら、一つの予定が先方の都合で翌週に変更になり、どちらも稼働OKとなった。
・上記案件の一つに誘っていた仲間の都合調整が付き、協力してもらえることになった。
・新しいプログラムの構成が上手く考えられず、1か月以上も悩んでいたのに、突然に大きなヒント・ひらめきを得られ、トントン拍子に完成した。

他にもまだまだあるのですが、本当に見事なまでに物事が好転し、
「心には力ある!」
「ほ~らね、やっぱりね!」
と感じずにはいられません。

これ、まさに、「果報は寝て待て」の状態なのかもしれません。
つまり、何もしないで、ただ待っているのではなく、
心ですごーくすごーく、ある意味、寝ても覚めても、「そのコト」について考えていて、あーでもない、こーでもないと、色々なことをトライしているのです。
その間、ダメだったり、ダメだったり、またまたダメだったり・・・。
それでもメゲズに、「心には力がある」と信じて、
考えて、トライして を繰り返しているのです。

これって、立派に、「猪突猛進」しているということではないでしょうか。
自分では、「凄く頑張っている!」という自覚は全くなく、「気が付いたら物事が好転していた。やった~!」的な感じなのですが、よくよく振り返ると、あれもこれも行っているし、たくさん失敗も間違いもしているし、それ以上に、どうしようか、こうしようかと、やはり考えいているのです。
「あーなればいいな。こーなればいいな。」で終わらずに、「あーなるためには、どうだったらいいわけで、そのためには、私はこうしたらいいのかな?」と考え、行動し・・・

心には力があります。
すごく頑張ろうと思って頑張ると、疲れてしまいますよね。
けれども、この場合には、「ほーらね、やっぱりね!」と自然と笑顔で良い結果が、まるで天からのご褒美のようにやってきます。
その実、それなりに行動はしているのでしょうが・・・

心には力がある!
あなたも是非、心の力を信じて、前へ進んでみてくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です