友人が経営する癒しのサロンで施術をしてもらおうと、随分前から互いのスケジュールを調整し、約束をしていました。

ところが前日の夜から体がダル重く、当日の朝は激しい頭痛でベッドから起き上がるのも辛く、おまけに熱までありました。

「ごめんね。体調悪くて、延期にしてもらいたいの。」

当日のドタキャンで本当に申し訳ないと思いながらも、どうにもこうにも激しい頭痛に勝てず、朝一番でメッセージを入れました。
すると彼女からの返信は・・・

「おはよう。体調が悪い中、連絡ありがとう。日程は回復してからまた決めましょう。」

彼女の貴重な営業時間をホールドしておきながらドタキャンした私は、とんだ営業妨害です。
なのに、
「体調が悪い中、連絡ありがとう。」

頭痛でぼーっとするなかでも、彼女のサロンのある方向に向かって手を合わせたほどです。

相手がどうであれ、どんな言動を取るかは自分自身で選択できる。
そして、自分が取った行動は、相手に良い影響を与えることもできる。

彼女にとってはおそらく何気ない一言なのでしょが、私はとても大きな影響を与えられました。

「体調が悪い中、連絡ありがとう。」

私を思いやり、労わってくれているのに、おまけに感謝まで述べてくれている。
その彼女の懐の深さに、良い影響を受けずして、一体何があるというのでしょう。

良い友人を持てて良かった。
私も周囲に良い影響を与えることができる人でいたい。

頭痛に悩まされながらも、心は穏やかで満ち足りた気持ちの朝でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です