恩師の下に集う共に学ぶ新たな仲間たちを迎えました。
経営者の勉強会と言ううたい文句ですが、企業から派遣されてきた管理職の方や若手の方もいらっしゃいます。

自己紹介の際、一番の若手男性が、「経営者の中に混じっていてとても緊張する」と言いました。
すると師である北川先生が優しくおっしゃいました。

「何も緊張することはない。人間を見なさい。地位を見るのではなく。」

改めて背筋が伸びました。
日常のビジネス現場では、ついつい地位や肩書、保有資格や過去の実績でその人となりを判断してしまうケースがあります。
そうではなく「人間を見る」

社長だとか新人だとか、どこどこ大学卒業だとか業界トップセールスだとか、そうではなく、「その人がどういう人なのか」が大切なのです。
その見る目なくしてマネジメントは不可能です。

地位を見るのではなく人間を見る。
あなたはしっかりとメンバーの人となりを見ていますか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です