ブラッシュアップのための勉強会。
私を含めてたった4人+講師1名という濃~い内容です。
今日はその最終回。
互いに自分のビジネスに関係するco-work プログラムを発表し、講師や仲間からアドバイスや鋭い突っ込み(=愛ある質問)を受けます。

Aさんの発表の時です。
Bさんからの質問に答えるAさん。
Aさんの答えを受けて、Bさんが言いました。

「今の答えはみんなHowだよね。そのプログラムの目的、つまりAさん自身の思いとか、ビジョンとかはどうなの?」

「え?」

「Howは後からどうにでもなるじゃない。思いやビジョンがあれば、Howは後からいくらでもついてくるでしょ。」

Nice!なBさんのアドバイス。
Aさんのモヤモヤが晴れた瞬間です。
彼女自身にかかっていたブレーキが解除されたのでした。

Howが見つからないから、わからないからなかなかアイデアがうまくまとまらなかったAさんですが、思いもビジョンもしっかりお持ちです。
それを聞いた私たちは、互いに提供できるhowを提案したり、どんなhowがあるかを一緒に考えたり、とても有意義な話し合いを持つことができました。

とかくHowに振り回されて「出来ない理由」としてしまうことが起こりがちです。
しかし、Howは後からついてくる。
大切なのは思いやビジョンをしっかりと持つことです。
そしてそれを発信すること。
Howは後からついてくる。

2019年。あなたはどんな思いやビジョンを持って進みますか?
今年も残すことろあと僅か。
自分自身の思いやビジョンをクリアにしてみましょう。

2018年12月26日

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です