ドッグランにはいろいろなワンママ、ワンパパがいらっしゃいます。何頭ものワンコと暮らしてきた方もいらっしゃれば、初めてのワンコでドッグランデビューしたばかりの新米ママまで、ママ&パパの経験は様々です。

ドッグランで遊んでいるワンコたちみんなが「良い子」とは限らず、問題行動炸裂のワンコもやはりいます。こんな時、私たち古ママは、他人のワンコだから注意しないのではなく、問題ワンコに「Noよ。いけない!」と教えてあげます。だって問題行動がますます酷くなり、ドッグランで遊べなくなったらワンコが可哀想ですから。

こんな時、ワンママさんによって大きく反応が異なります。

「初めての子でしつけが大変で。ありがとうございます。こんな場合にはどうしたらいいんですか?」

こういうママさんには、私たち古ママが、あーだこーだと色々なことを伝授。ドッグランは子育て相談室の場に早変わりします。

「すみません・・・。家ではいい子なんですけど興奮しちゃったんでしょうか。〇〇ちゃん、迷惑かけちゃうから帰ろう。」

こういうママさんの場合、ドッグランに来なくなる場合が多いです。また、仮にいらっしゃったとしても、ワンコの問題行動は修正されることは非常に少なく、結果的に遊びにこれなくなってしまう。

 

ワンコ育ての問題や悩みは多くの場合共通しています。こういう場合にはこうすればいい。そんないい方法があるんだ、試してみよう。ベテランママであっても我が子のために良い情報はどんどん取り入れようと、いつも新鮮な気持ちで話をしています。だって、日々、色々なことが変化、進歩しているのですから先代犬の時のやり方が今も100点満点だとは限らないのです。また、自分の子だけ良ければいいのではなく、ドッグランの子はみんなで注意したり褒めたりしています。ワンママ&ワンパパみんなでワンコたちを育てているとも言えるでしょうか。パパ&ママたちはお互いのしつけの方法や行動を見て学び、自分のワンコ育てに活かしたりもしています。

 

ワンママたちは悩みをどんどん話し合えるのに、職場でマネージャーさん達はどうして話し合わないのかな・・・。

常々、私はこのことが気になっています。だって、研修やワークショップの際、感想として必ず出てくるのが「みんな同じようなことで悩んでるんだな」「同じ悩みを持つマネージャーどうしで話し合いができて良かった」です。

日々、とても忙しいでしょうが、部署が変わってもマネージャーという同じ役割を担う者同士、マネジメントの課題や悩みは突き詰めていくと同様のことが多いと思うのです。もっと日々、しっかりと話し合うことができていれば、きっと、マネージャーさん達の気持ちにももっとゆとりが出てくるのではないかな~ と感じます。マネージャーさん同士が、気軽に有意義な「おしゃべり」ができるドッグランならぬマネージャーパークがあれば、自然と互いに学び合うことができるのかもしれませんね。

 

ワンママはワンママから学ぶ。マネージャーはマネージャから学ぶのです。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です