「どうしてもやる気が出ないんです・・・」
途方に暮れたSさんから相談がありました。

Sさんの話はこうです。
「マネージャーのNさんはとても良い方で・・・。
一緒にある資格にチャレンジしているんです。講習会も一緒に参加しました。
『試験まであと21日しかないよ。焦ってきた。一緒に勉強会しないか?』とか
『勉強し始めてもう69日も経ったのに、まだ何も成長していない気がする。』とか
Nさんの話を聞いていると疲れるというか・・・。
嫌なんです・・・。」

恐らく、Sさんは私と似たタイプなのだと想像したのですが、一体、何がイヤなのかをSさんの口から直接に聞いてみたいと思いました。

「何がイヤなの? 何が疲れるの?」

すると、Sさんは少し困ったように、しかし、ハッキリとこう言ったのです。
「Nさんは良い方なんです。本当に。一生懸命なんです。いつも。
けれど、『あと何日しかない』とか『もう何日も経ったのにまだこれだけだ』とか、いつも追い詰められるような、追い立てるような言い方をするんです。
講習会を初めて受けたその日にも『今日から試験まで100日しかないから、一緒に頑張ろう』って。
なんか、そう言うの、自分だけでやってもらいたいと言うか、いちいち僕に言わないでほしいんです。」

やはり私と同じでした。
イヤなのよね、そういうの。追い立てられるというか、追い詰められるというか、ほっといてほしいのよね。

「NさんはSさんがそう言うのをイヤだって知っているの?」

するとSさんは静かに首を横に振りました。
「『焦らすつもりはないんだけど、僕は焦ってきて。』ってNさんは言うんで、イヤだって言えなくって。」

「それで、勉強会も一緒にやってるの?」
「はい・・・」
「それは嫌なの?」
「勉強会自体は良いんですけど、発言がいちいち『あと何日』『あと何時間』ってネガティブなんで、すごいストレスなんです。いや、Nさんは良い人なんですよ。」
「そうね。私もイヤかも。けど、良い人なんだったら、Sさんの気持ちを素直に言ってもわかってくれるんじゃないの?」
「・・・・」

結局のところ、誰かがNさんに「そういう言い方良くないよ」と言ってNさんが自粛するのを期待するのか、Sさん自身が「ちょっとあまり気持ち良くない」と自分の気持ちを伝えるの二つに一つです。
Sさんが困っているのはNさんの言動に対してですが、Nさんの行動をSさんが直接にどうこうできるわけはなく、Sさんがどう行動するかによってその行く先は変わってきます。

その後のSさんはどうしたか・・・
もちろん、Nさんにハッキリと自分の気持ちを伝えたようです。
「焦っちゃうので困る」とかなんとか、限りなくオブラートに包んで、しかし、「謹んでほしい」というメッセージはしっかりと伝わるように。
Nさんはその後、Sさんに対しての「あと何日」はなくなり、間近に迫る試験に向けて、二人で追い込み猛勉強をしているのだとか。
以前にもまして勉強会には身が入るようになったと、Sさんはとても喜んでいました。

「あと何日しかない」「もう何日も経ったのにまだ。。。」というネガティブな物言いをする方、確かにいらっしゃいます。
その方に悪気は全くないのですが、確かに、毎回聞かされる方は、あまり良い気がしない場合も多いですよね。
そんな場合はやんわりと、しかし、しっかりと自分の気持ちを伝えましょう。
「ポジティブに気持ちを向けたい」のだと。

あなたは「あと何日しかない・・・」と焦るタイプですか?
それとも「まだ何日ある」とポジティブに受け止めるタイプですか?
私は「なるようになるさ」というタイプです(笑)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です