楽在一碗中(らくは いちわんのうちに あり)

楽しみは一碗の中にあるという、そのものズバリの意味です。
それは、何も食事に限ったことではないでしょう。

一碗=一皿=一杯のお茶に心の安らぎがある。
毎日のちょっとした事に幸せを感じる。
幸せや楽しみや喜びは、私たちの目の向け方、考え方次第でどこにでもあるということなのでしょう。

イラッとするか、それを学びと捉えるか
時間の無駄と考えるか、ゆとりの時間と捉えるか
面倒なことと辟易するか、頼られたことに感謝するか
人生における日々の一碗の中にはそれぞれの「楽」が必ず「在る」のです。

楽在一碗中

あなたは今日、どのような「一碗」の中にどのような「楽」がありましたか?

2019年03月02日

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です