釘がないので 蹄鉄が打てない
蹄鉄が打てないので 馬が走れない
馬が走れないので 騎士が乗れない
騎士が乗れないので 戦いができない
戦いができないので 国が滅びた
すべては蹄鉄の 釘がなかったせい

米国の元国務長官コリン・パウエル氏の著書「リーダーを目指す人の心得 」に書かれている「コリン・パウエルのルール」13条のうちの一つ「小さなことをチェックすべし」です。

基本から確実に。
細かい事に手を抜かない。
など、言うは易しですが、現実は目立つこと、大きなことに心を奪われがちで、小さなことは後回しにしがちです。

「釘がなかったから国が滅びた」と突然言われたら「はあ~?」と思うかもしれませんが、すべては目の前のほんの小さなことから始まっているのだと肝に銘じるべきなのでしょう。

メンバーに挨拶をしなかったから予算が達成できなかった
机の上が整理できていなかったから一番デキるメンバーが転職した
顔を見て報告を聞かなかったから不正事件が起きた

どれもこれも「はあ~?」かもしれませんが、「釘がなかった~」と同じなのです。

あなたは日々の小さな事を大切にしていますか?
どんなことに気をつけていますか?
更に気を配るとしたらどんなことですか?

2019年03月11日

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です