今は過去の結果 未来は今の結果
だから未来を良くしたいと願うのであれば、今をどう過ごすかが大切です。

2018年度は今日で終了です。
この結果はこれまでの積み重ね。
頑張った分、のんびりした分、少しさぼった分、これらすべてをひっくるめての結果です。
2018年度が良かった人は、それまで頑張ったから。
しかしだからと言って2019年度も良いとは限らず、「今」の努力が必要です。
2018年度がもし良くなかった人は、それはこれまでが少し残念だったから。
しかしそれを嘆くのではなく、「今」に注力すれば2019年度は必ず結果を出せるはず。

明日からは2019年度がスタートします。
4月から猛ダッシュを切ったとしても、それがすぐに結果に結びつくとは限りません。
けれども何もしなければ何も生まれない。
今が未来を創るのですから、今を頑張るしかないのです。

「目指すところがどんなに遠くても・・・
歩み続ければ やがて たどり着く
大丈夫! 大丈夫!」
(北川八郎先生の言葉より)

2019年03月31日

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です