「いくら言っても、どんなに時間をかけても全く響かない。檄を飛ばしても褒めそやしても表情を変える事さえしない。一体何を考えているのか全くわからない。もうお手上げだ・・・」

そう言って頭を抱えるマネージャーのSさんはキレッキレのデキる経営企画マネージャーです。
将来は役員候補の呼び声も高く、これまでの実績もかなりのもの。
しかしそのSさんが、異動してきた中堅メンバーのYさんに困り果てているというのです。

Yさんはどんな人なのかを質問したところ、前部署での仕事実績や保有資格、学歴・家族構成などをSさんは詳細に説明してくれました。
「いえね、そうではなく、履歴書や職歴書に書いてあるようなことではなくて、人となりと言うかそういうの。Yさんはどういう人なのかと思って。」

私の問いかけにSさんはキョトンとした表情でこちらを見たのでした。
「Yさんが全く響かないとか無表情とか、『そういう人なんだ』ってことじゃなく、そうなっている、またはそうしていることに理由があるんじゃないかと思って。だからどういう人なのかと疑問に思ってね。経営企画の仕事の難しいことは私にはわからないけれど、結局のところ、SさんとYさんとは人と人なんだから。当たり前だけど。経営企画でも総務でも、友人同士でもご近所づきあいでも、つまるところは人と人。その人を知ることから始まるんじゃないかなって、私は思うんだけどね。」

こわばった表情で私の話を聞いていたSさんですが、たった一言、「そうですね」と言ってその場を去ってしまいました。

その1週間後。
Sさんから連絡がありました...
「『人を知る』のアドバイス、ありがとうございました。あの後、Yさんの前の上司に話を聞いたり、彼のことをよく知っている彼の同期や関係会社の人に話を聞いたりしました。Yさんが私に対して心を閉ざしていた理由が少し分かった気がしました。と言うか、私はこれまでYさんにも他のチームメンバーにも、人対人の接し方ができていなかった気がします。『鉄仮面』とか『サイボーグ』とか『アイスマン』とか陰で言われているの知っていましたが、なんか、妙に納得してしまいました。部署柄、感情を殺して仕事をしていたように思います。けどそれは間違っていたかもしれません。これからはもっと人間らしく振舞おうと思います。」

1週間の間にSさんがどんな話を周囲から受け取ったのかはわかりません。
けれども「人を知る」という言葉がSさんの役に立ったのであれば嬉しい限りです。

どんな場合も結局は人と人。
相手を知らずして何も始まらないということです。
それは履歴書にも職歴書にも載っていないその人の中身の部分です。
もし、あなたにうまくいっていない人、なかなか関係性が築けていない人がいるとしたら、もしかしたらその人のことをまだ知れていない部分があるのかもしれませんよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Enjoy this blog? Please spread the word :)