実はコバエについて研究したことがあって、ちょっと詳しいんです。
恥ずかしい話なんですけど・・・
コンビニ弁当の食べ残しを部屋のゴミ袋に入れたまま、1-2日留守にしたことがあって。
そしたら、帰ってきたらコバエが発生していたんです。
1匹とか2匹とかじゃなくて、大量発生。
ゴミ袋の中に巣ができていたというか・・・
慌ててゴミ袋の口をしっかりと閉じてゴミに出したんですけど、まだ部屋にいるかもしれないし、と言うか、実際に飛んでて、絶滅させないと気持ち悪いと思って、コバエ取りを買ってきて部屋に置いたんです。
けど、1匹くらいしか取れなくて、おかしいなと思って。
それで説明書きを上から下まで丁寧に読んで、それ以外にも色々調べて。
そしたら、コバエは4種類くらいいて、その種類によって効くのと効かないのがあるらしくて、コバエ取り自体に種類があるんです。
もう、あんな思いするのはイヤだから、あれ以来、部屋は徹底的に綺麗に掃除して、ゴミの片づけとかも徹底しています。
いえ、本当にきったない恥ずかしい話なんですけど。

大真面目で話をしてくれた就活真っ最中の学生さん。
笑いながら話を聞いていた私ですが、彼女にこう伝えました。

「その話、ストーリー形式にして、その経験から何を学んだかとか、自分の価値観がどう変わったかとかを結末にして就活面接で話したら、絶対に面接官は興味持つと思うよ。
私だったら採用!だけどね。」

「え~。ただの不潔な女と思われるんじゃないでしょうか?」

恥ずかしがる彼女でしたが、私は「採用!」の理由を彼女に伝えました。

1.自らの失敗に真面目に対応している。
2.対症療法的に殺虫スプレーで済ませようとするのではなく、問題の根本的解決に取り組む姿勢がある。
3.コバエ取りがうまく機能しない時、相手のせいにしないで何が原因なのかを追究し、自分の思考と行動を変えることで問題解決を図る姿勢を持っている。
4.同じ過ちを繰り返さないよう、生活スタイルを見直し改善している。
5.自らの失敗を臆せず話すことができ、そこから多くの事を学ぶ力を持っている。

たかがコバエ。されどコバエ。
可愛い顔をした彼女が大真面目でコバエとの奮闘を語るその姿に、私は彼女の自律的問題解決思考や、学習者としての視点とスタンス、そして何より素直さを見ることができました。
どんなに頭が良くて資格やスキルが素晴らしくても、彼女のような素養がなければこれからの全く正解が見えない大変化の時代に対応していくことは難しいのではないでしょうか。

「うちで新卒採用するんだったら、間違いなく合格なんだけどね。」
真顔でそう言った私に彼女からの一言がなんともイケていました。

「ありがとうございます。けど、そっちの分野はあんまり興味ないんで。」
見事、インフィニティは振られてしまいました。

いかがでしょうか?
こんな学生さん、採用したいと思いませんか?
あなたが採用!と考えるのは、どんな素養を持った学生さんですか?

2019年05月05日

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です