どうしていつも問題行動ばかりを取るんだろう・・・

ミーティングの場で誰かを個人攻撃する
報連相を行わない
嘘の報告をする
お客様とのトラブルが絶えない
後輩や関係会社の人にキツく当たる
遅刻や突然の休みが多い
コンプライアンス違反と分かっていて行う
ハラスメントを行う
自己否定が激しい      etc.

他にも色々ありますね。
職場における問題行動は実にたくさんあります。
その理由は何か?
その多くの根本に、問題行動を起こす当事者の「認められていない」「愛されていない」と
感覚があります。
それを明確に意識しているか、潜在意識下でのことなのかは色々です。
しかしいずれであったとしても、「認められていない」「愛されていない」という感覚は、人の問題行動を引き起こす大きな要因になるのです。

大人であれ子供であれ、社会人であれ家庭人でれ、「認められている」「愛されている」と思うことができるその思いは本当に大切なのです。

「認められている」
自分の成果を、実績を。
自分の努力を、これまでの道のりを。
自分の考え方を、思いを。
自分の存在そのものを。

たった一つで構いません。
自分は認められていると感じることができるだけで、受け入れられている、ここにいていいんだ、ここは自分の居場所なんだと思うことができるでしょう。
逆に言えば、自分自身の何も認めてもらうことができないということは、存在そのものを否定されているそんな気持ちにさえなるのでしょう。

「愛されている」
自分の強みを、そして弱みを。

愛されていると感じることは、大切にされていると感じられることです。
愛されていないと感じることは、排除感さえも味わいます。
認められないと同様、存在の否定を感じるのでしょう。

問題行動を起こすメンバーに対して口うるさく指導するよりも、彼らを認める、彼らを愛する、それだけをただ行ってみてください。
プラスの言葉を発し、良い面を探して認め続けてください。
すぐには無反応かもしれません。
しかし、必ず通じる時がやってきます。

問題行動を起こすメンバーを、あなた自身が煙たがっていませんか?
強い言葉や仕組みで縛って矯正しようとしていませんか?
相手を認めていますか? 愛していますか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です