なかなか予約が難しいレストランの予約をするために、レストランオーナーの秘書Iさんに電話をかけました。

「J社の尾藤ですがIさんはいらっしゃいますか?」

 

無事予約を終えて電話を切った時、一部始終を聞いていた母がポツリと言いました。

「あなたは何でもかんでもJ社って言うのね。J社なしの自分単体で勝負できないの?」

J社時代、仕事がらみでお世話になっていたIさんだったので、私としては、J社の尾藤と名乗ることは至って普通のことでした。ですから母の言葉に驚きました。

私、J社の肩書で勝負しているってこと?

それじゃあまるで、虎の威を借りる狐じゃない。

 

あれから二十数年。

J社は誰もが知る大企業ですが、インフィニティのことなんて誰も知りません。「インフィニティの尾藤です」と名乗っても、相手は「誰?それ?」といった感じです。

大切なことは、「私は何者か?」ということであって、どこに所属するかはオマケなのです。

 

そう言えば、数年前にお仕事をさせていただいたお客様と縁あって再会し、再度お仕事をご一緒させていただくことになるとき、そのお客様が私にお尋ねになりました。

「尾藤さん、今は何者なの?何する人?」

 

私は、誰に、何を、どのように解決する(提供する)、何者か。

これさえしっかりと語れれば、臆することなく堂々と名乗ることができます。

社名や肩書に頼ることなく、「自分は何者か」と仕事の中身で名乗ることで、仕事への責任と誇りを自覚しますし、初対面の方とも話のきっかけができます。

 

うちの会社は大手と違って知名度ないから、会社の説明から始めなきゃいけなくって大変なんですよ・・・

と嘆いているそこのあなた。

社名ではなく仕事で名乗ってみてください。

私は、誰に、何を、どのように解決する(提供する)、何者か、と。

きっと、そこからお客様との会話が始まるでしょう。所属はあくまでもオマケです。

「あなた」という中身で勝負をしましょう!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です