暗闇のエンターテイメント ダイアログ・イン・ザ・ダークに参加してきました。

完全に光が遮断された真っ暗闇の中で知らない同志がチームを組み、暗闇のエキスパートである視覚障害者の方のアテンドにより、五感をフルに使って(視覚は役に立ちませんが)90分を過ごすのです。

真っ暗闇の中から聞こえてくるせせらぎの音、恐る恐る渡る丸太橋。

二人乗りブランコに揺られる心地よさ。

テントの中で交わされる愛しいモノへの想い。そして乾杯。

 

「怖い」「わからない」「どこ?」「助けて」「ありがとう」「よっかた~(ホッ)」「大丈夫だよ」「待ってるから」

自分の気持ちを飾らない言葉で正直に伝えることができ、また、相手の気持ちもストレートに受け止めることができました。

チーム最年長だった私は最初、「ゆかさん」と皆から呼ばれていましたが、いつの間にか、「ゆかちゃん」に変わっていました。真っ暗闇の中では年齢や肩書、これまでの経験や実績など、全てから解き放たれた「素」の自分でいることができ、ありのままの本当の私が皆には「ゆかさん」ではなく「ゆかちゃん」と感じさせたのかもしれません。

 

 

信じるっていいね。

素直になれるっていいね。

愛ってあったかいね。

人間って素敵だね。

 

 

日常においてはどうしてもガンダムスーツを着込んでしまいがちな私です。

しかし、自らを解き放ち、ありのままの自分でいることで得られるチームへの影響、素晴らしさ、そして人としてのあり方を実感できた90分間でした。