「健ちゃんにとっての成功ってどういうこと?」

朝ドラ「べっぴんさん」の主人公すみれが娘婿の健太郎くんに質問した言葉です。

「お金をたくさんもうけること?これまでの自分の実績が世の中に広く知れ渡ること?それを成功というなら私は成功なんていらない。」と。

何のために仕事をしているのかと問う健太郎に対して、すみれは言います。

「誰かの笑顔を見ながら日々を過ごすことができたら幸せな気持ちになれる。」と。

 

健太郎にとっての成功は、これまでは「自分」だった。

すみれは、あくまでも他人の幸せがあって自分が感じることができる「利他」であった。

 

人それぞれ、「成功」に関する考え方は違います。

では、組織にとっての「成功」「成長」とは何なのでしょうか?

売上高や利益の向上? 従業員数の増大? 知名度が上がること? 企業価値と一般に言われることが上がること?

どれもこれもメジャラブルなことばかり。

インフィニティが目指すのはココではありません。

 

インフィニティのサービスに心底の信念や愛情を持てているか

共に働く仲間たちの力が最大限発揮できているか

インフィニティの取組みに私たち自身が誇りを持てているか

チームの一体感に喜びを感じ、共に感謝し合えているか

お客様に心から寄り添い、共に進んでいるか

 

そんな計測不能の空気のような「コト」が充足していることが私たちが目指している「成功」です。

綺麗ごとを言っても結果が全て。と言われるかもしれません。でも、結果と呼んでいるモノは既定の物差しによる単なる計測結果にすぎません。それよりも私は、インフィニティは、私たちの「価値のものさし」の下で活動していきたい。私たちの数字が伸びているならそれは「インフィニティが良い状態である」結果の一つにすぎない。そういう価値観でいたいと思っています。

 

あなたにとっての「成功」とは何ですか?

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です