新幹線「こだま」に乗ったのは、一体いつ以来でしょうか。
もう記憶がないほどに、ずいぶんと長い間、のぞみ生活でした。
各駅停車の旅はのぞみのそれとは違い、普段は全く気がつかない町並みや景色を見ることができ、気持ちまでものんびりです。

「新幹線から◯◯信用金庫の看板が見えましたよ」
お客様に告げると
「そうそう。のぞみだと通過スピードが速すぎて見えないんですけど、こだまだと見えるんですよ。」
とのことでした。

メンタル不調の方が続いてしまっている職場。
今頑張っている皆さんに人事がヒアリングをしたところ、
「全然気がつかなかった」「つらそうだったけど、そこまでとは思わなかった」
とのお声が大多数。
数年前から仕事量が急激に増え、業績向上とは裏腹、チームの関係性が希薄になっているとのお悩みでした。
きっと、ずっと「のぞみ」並みスピードでひたすら走り続けたのでしょう。
もちろんそれは必要なことであり、だからこそ業績も上向き、大きな貢献を会社にも世の中にももたらしたのでしょう。
しかしそのせいで、残念ながら見逃してしまったコト、見過ごしてしまったコトもあり、それらが今、負の現象となって表面化し始めたようです。

「ビジネスを止めるわけにはいかない」
そのお気持ちもよくわかります。
だからこそ、いつもは「のぞみ」でも、たまには「こだま」で行きませんか?
止まらずとも少しスピードを落として、休憩も多目に取り入れて。
きっと、今まで見えていなかった、気がつかなかった、あれやこれやを発見できるにちがいありません。

2019年09月20日

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です