今朝目が覚めた時、気持ちの良いベッドで睡眠を取れ、電気がつき、水道蛇口から水が流れ、ガスで湯を沸かすことができる、そんな当たり前のことに心からありがたいと思い、何気ない日常を愛おしく思いました。
台風15号に引き続き、各地に甚大な被害をもたらした台風19号。
幸いにして無事に何事もなかったことに安堵すると共に、ただ雨露を凌げ、暑さ寒さを調整でき、普通に温かい食事をいただけることにもまた感謝の気持ちでいっぱいになりました。

幸せとは心の充足度。
数えられるコト・モノの満ちてくるのは「満足」であり、「幸せ」ではありません。
幸せとは心で感じるもの。
他人と比べて、過去と比べて、良いとか悪いとかではなく、今目の前に確かにあるコト・モノに目を向けて、そのことをありがたく幸せだと感じることができるのであれば、それがその人の「幸せ」であり「知足」なのだと思います。

健康で当たり前に生活できていること、気持ちを通じ合える仲間がいること、仕事ができること、それら全てがありがたく、幸せなことなのだと感じています。

今回の災害で被害にあわれたすべての皆様に心からのお見舞いを申し上げます。

2019年10月14日

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です