先週の事、友人のMさんはスマホを失くしてしまいました。
「あれ?ない!」と気づいたのは私も含めた数人の仲間達とお茶を飲んでいた時らしいのですが、バッグの中身探せばきっと出てくるだろうと、その場では彼女は何も言いませんでした。
その後、帰りの電車の中でゆっくりとバッグの中を探してみてもやはりない・・・
もしかしたら・・・ と思った場所へ、同じ電車の友人の電話を借りて問い合わせをしてみました。
しかし、対応した男性は、冷たく言い放ちました。
「届いてないですよ。忘れ物にはないです。午前中に失くして今(夕方)、届いてないんだからないですよ。」
それでも万が一、と考えたMさんは名前と連絡先を告げて電話を切りました。

その後、どこを探してみてもMさんのスマホはみつかりません。
仕事にも支障があるため、彼女は結局、新しいものを購入しました。

そして一週間が経ちました。
何故か「ない」と言われたところへもう一度確認してみようと思ったMさん。
「先週の事ですが・・・」
と問い合わせたところ、電話を受けた人はとても丁寧に彼女の話を聴きとった後、こう言ったのでした。
「午前中に届いていますよ。けれども貴重品で個人情報の塊でもあるスマホは1日以上、こちらでは預かれないので警察へ届けたんです。ですから警察で手続きをしてください。その日のうちに連絡をもらえれば、こちらに置いておいたんですが。」

この話を聞いて、私も他の仲間達も皆、怒りました。
「なんなの、一体!」
「そっちの対応が悪いんじゃんねぇ。」
「伝言した名前も連絡先も記録してないなんて、酷いよね。」
「新機種購入代金とか、警察までの交通費とか、負担してもらいなよ!」
「いやもう、精神的苦痛の慰謝料レベルだよ。」

するとMさんは穏やかに、本当に穏やかにこう言ったのです。
「う~ん、でもね。今度の人はスゴイ丁寧に対応してくれて、良い人だったんだよね。置き忘れた私も悪いし。それに、新機種購入って言っても、保険かけてたから8,000円で済んだし、もう傷ついてだいぶ古くなってたから、8,000円で新しいのゲットできたからまあ、良かったかな。SIMカードすぐに初期化して、データはクラウドで対応したから大丈夫だし。強いて言えば端末に残っている銀行情報だけ心配だったけど、けど、警察に届けてくれてたんだったらそれも大丈夫だから。良かったよ、本当に。」

何て前向き?というか、どこまでも心の綺麗なMさんです。
彼女はいつもそうなのです。
そう言えば、彼女が誰かを悪く言うのを聞いたことはありません。
仲良しグループの待ち合わせで誰かが大幅遅刻をしても、私がムッとして小言を言いそうになるその前に、「大丈夫よ~。ちょうどゆっくりお手洗いで準備できたし、お喋り楽しめたから、全然問題ないよ~。」と遅刻者さんを労わります。
そんな彼女の言動に触れるたびに、私は自分の未熟さを反省し、見習うべき多くの気づきと学びを自然と与えてくれる素晴らしい尊敬できる友人を持てたことを嬉しく誇りに思うのです。

〇〇ちゃんの△△のところが好きなの。
◇◇ちゃんとは気が合うの。

若い頃の友人はこんな感じで何ら問題はありません。
しかし年齢を重ねた今だからこそ、尊敬できる、学ぶことがたくさんある、自分を高めてくれる、そんな友人を持てていることを心からありがたいと思うのでした。

2019年12月07日

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です