「道が二つに分かれて迷った時、どうすれば良いのですか?」

「俺だったら心星(しんぼし)を探すな。新星(しんぼし=北極星)は周りがどんなに動いていても常に動かずに同じ場所で輝いている。人の心の中にも新星(=心星)があるはず。『これだけはどうしても譲れない』というもの。それが心星だ。」

ぼんやり見ていたドラマのセリフです。

企業であれば心星に当たるのが「理念」だったり「クレド」だったりするのでしょう。
もちろん、理念やクレドが真に腹落ちしていていれば何の問題もありませんし、それらが正しく機能していれば良いのですが、残念ながら、それらが曲解されて企業・組織が歪んだ方向へ進んでいる場合も現実にはあります。
そんな時、企業人(社員と言う意味)である前に一個人であること、自分の中の心星を大切にしたいものです。

迷ったら、道が見えなくなったら、落ち着いて心星を探しましょう。
これだけは譲れない考え方、あり方、あなたを形作っていると言っても過言ではない大切なモノ。
それこそがあなたの心星です。

あなたの心星は何ですか?
今、あなたは心星に向かって進めていますか?

2019年12月15日

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です