「この前言ってた●●●なんだけど、ネットで調べても出てこないの。
もう一回教えて~。」

友人の問いかけに
「そりゃあ、ネットにはないよ。私オリジナルだもの。」
と答え、ノートに図を書いたり、用紙を折ったり切ったりして具体的にイメージできるよう、丁寧に時間をかけて説明をしました。
最初は
「わけわからん・・・」
といった表情をしていた彼女ですが
「ありがとう。よくわかった!」
と笑顔でお礼を言ってくれました。

しかし、その次の言葉に、私はカチンときてしまいました。

「理屈は分かったけど、なかなかやる暇ないんだよね。」

彼女の言葉に、それが気心知れた仲間ということもあり、
私はついつい乱暴な口調で言ってしまいました。

「そんなんじゃぁ、一生、できるようにならないよ。
人に聞くだけ時間の無駄だわ。」

私が何を言いたいか、彼女は既に分かっているので、
「ごめん。仰る通り・・・」
とうつ向いてしまい、ついつい言い過ぎたと反省した私も
「ごめん。言い過ぎた。」
と謝りました。

けれどもね、そうなのです。

できる人、できている人は、どんな状態であれ、
例え、ものすごーく忙しくて他のことなど新しくやる余裕なんて全くなくても、
とにかく時間をやりくりして、工夫して、「やる」のですが、
そうでない人は、ちょっと工夫すれば時間なんてどうにでもなるにもかかわらず、
忙しいとか疲れたとか、何かと言い訳をして「やらないのです。

できる人とそうでない人、
結果が出ている人とそうでない人の違いは、
ただ、「やる」か「やらないか」の違いだけ。


天と地ほど能力や才能が違うわけではないし、そもそも持って生まれたモノが大きく違うわけでもない。


そして、
「やる」か「やらないか」の違いを生む、その根本は、
心から望んでいるか、
中途半端に「そうなったらいいな」程度の望みなのか
の違いです。

「いえいえ、本当に望んでるのよ。私だって」
と反論するあなた。
本当にそうですか?
誰に対しても真正面から相手の目を真っすぐに見て
「私は心から望んでいる」
と言い切ることができますか?
「どうしても、何が何でも手に入れたいと思っている。心底望んでいる。」
と言い切れますか?
心の奥底のどこかで
「まあ、ダメでも仕方ない・・・」
と自分で自分をごまかしたり諦めたりしていませんか?

結果が出るか出ないかは「やる」か「やらないか」

そして、更にその大本は、「本気の望み」かそうでないか。

今、あなたがうまく取組めていない、イマイチやる気に火がつかない
と思うことがあるならば、

まずは自分の心、気持ちと向き合ってみてください。
本気でそれを望んでいるのかと。
それを手に入れたい理由は何のか?
手に入れた後はどんな気持ちで、

どんなハッピーがあなたにあるのかと想像してみてください。

そうやって、

自分で自分の気持ちを盛り上げて、盛り上げて、盛り上げて⤴⤴⤴

あとは「やる」だけです。

そうすることで、あなたにも必ずや変化、進化は訪れます。

今、あなたが取組んでいることは「本気の行動」ですか?

2020年01月26日

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です