少し前の事ですが、あるマネージャーさんからこんな相談を受けたことがあります。

「ガミガミばかり言っていないでみんなの良いところを褒めようと思って、普段大人しい女子社員のA子ちゃんを褒めたんです。どうせならみんなの前で褒めてあげたほうが嬉しいだろうと思って課の会議の時に。そしたらニコリともせず、会議が終ってから言われたんですよ。『ああいう場で褒められるのは迷惑なんで今後はやめてください』と。さっぱりわからないですよ。せっかく褒めてやったのに。」

 

「褒めてやった」という押しつけがましい一言が気になりつつも、どうしてA子ちゃんが怒ってしまったのかを知りたくて、そのマネージャーさんに少し質問をしてみました。

マネージャーさんは営業課長。男性営業マン10人に対して営業サポートの女子社員が2名。A子ちゃんは12名の中で一番若い社員とのことです。

怒ってやめて欲しいと言われた時、他に何か言っていなかったかをマネージャーさんに確認したところ、仕事がしづらくなるとの返事らしいのです。

はは~ん、と何となく予測はついたものの、当のマネージャーさんはさっぱりの様子。そこで、A子ちゃんはなぜ仕事がしづらくなると言ったのかを考えてもらうことにしました。一体、何に対して、誰に対して仕事がしづらくなるのか。

するとマネージャーさんが大切なことを思い出したのです。A子ちゃんを褒めた時、先輩格のサポート社員が少し不機嫌そうだったと。

更に色々話を聞いてみると2人の関係性はあまり良くないらしいのです。

マネージャーさんはA子ちゃんを褒めることで先輩女子社員にも頑張ってもらいたいと思ったし、男性営業マンにもA子ちゃんやサポートメンバーへの感謝の気持ちを持ってほしかったらしいのですが、どうやら全くの逆効果になってしまったようなのです。

男性社員からも「俺らが稼いでやってるから」との声がちらほら聞こえてきてしまったようなのです。

 

すっかりしょげ返るマネージャーさんに質問しました。

営業マン10名とサポート2名の関係性は?10名の関係性は?12名ではどう?

そうしたところ、どうやら全体的にチームの関係性は「悪い」とは言わなくても「いまひとつ」の状態のようで、中でも営業マンとサポート、サポート2名の仲は結構難しいのだとか。

そんな空気間のチームで、最年少のA子ちゃんが皆の前で派手に褒められたとしたら、さぞや居心地が悪かったに違いありません。状況を理解して、マネージャーさんはひたすら後悔していました。

 

営業マンはサポートの人たちの頑張りで外で頑張れるのですが、営業が上、サポートは下という意識が根付いているのでしょうか?色々な弊害がサポートの2名に押し寄せているようで、それは、「俺らが稼いでやっている」という営業マンの言葉にも表れています。

サポート2名の女子社員も、一生懸命頑張りたいA子ちゃん、何とか楽をしたいベテランさん。たった2名なのに意思疎通は殆どできていないようです。

おまけに気になるのが「褒めてやった」というマネージャーさんの言葉。

きっと、このチームにはまだ目には見えていない水面下に埋もれている問題がたくさんあり、そのしわ寄せが一番立場の弱いA子ちゃんのところ集約された形で表れているようなのです。

 

部屋の中に発生するホコリ

は真ん中に鎮座するのではなく、たいていの場合、どこか片隅に押し寄せられて塊となります。チームの真ん中にどすんと鎮座している目に見えている課題は差し詰め粗大ごみ。そうではなく、チームの弱いところに少しずつ押し寄せていく小さな課題こそが、実は問題なのです。「塵も積もれば山となる」というように、それらの小さな課題が気づかずしていつの日か大きな問題に姿を変え、気がついたときには大変なことになっていることが多々あるからです。

 

事の重大さに気がついたマネージャーさん。いつもなら営業マンのお尻を叩き、ベテラン女子社員に色々言うところを、今回はもっとA子ちゃんと話をしてみることを選択しました。

きっと、マネージャーが気づいていない、マネージャーには見えない色々なチームの課題をA子ちゃんは知っているに違いないと、マネージャーさん自身が気づいたからです。

 

全員の前でA子ちゃんを褒めたために反発されてしまい、とても憤慨していたマネージャーさんなのですが、チームの課題を気づくきっかけになったと前向きに捉えていらっしゃいました。

何といってもマネージャーたるもの、メンバーそれぞれの心の健康と、チーム自体が健康でご機嫌であることに何よりも気を遣わなければなりませんから。

そんなマネージャーさんになら、A子ちゃんもきっと、色々な話をしてくれるに違いありません。そしてそれをきっかけに、マネージャーさんのチームの12名がイキイキとした良い関係性を築けるようになることを願っています。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です