腰痛改善のために足を組むことをやめて、はや4年。

最初は組まないことの違和感が凄かったです。


足のやり場が無い。
お尻がなんだか落ち着かない。
膝が開いていたらどうしようとソワソワしたり。

とにかく違和感しかありませんでした。

あ、組んでる。

と気がついては直し、
また気がついては直し。


いつの頃からかはもう忘れてしまいましたが、
今では足を組むことは、よほどでない限りありません。

最後に組んだのがいつなのかも思い出せないくらいに
もうずっと足を組むことはしていないと思います。


というのも、
組まないことに違和感があったあの頃とは正反対に、

今はもう、組んではいられないのです。

足を組むことが違和感ありありで
落ち着かないのです。


本当に面白いものですね。

人間なんて、いかに単純な生き物なのかがわかります。


普段と違って違和感すごすぎて、絶対にむり~

とか

私にはダメダメ。ポリシー変えられない。耐えられない~

とか、あーだーこーだと言っている暇があったら
その訳の分からない言い訳をひょいと乗り越えて
小さなチャレンジをしてみませんか。

蚊に刺された時、その時は痒くて
かゆーい、かゆーい となっても
少しすると忘れている
ぷっくり小さく腫れて刺された跡がかろうじてあるけれども
刺されたこと自体をいつの間にか忘れている
違和感なんて、そんなものです。

違和感感じたら、
あ! 蚊に刺されて痒い
くらいに思ってスルーしてしまいましょう。


違和感なんて大したことない。

すぐに過ぎ去る一過性のものです。


違和感に足首掴まれて身動き取れないでいるよりも

そんな違和感をひょいと蹴飛ばし乗り越えて

自分が欲しい、目指すコトへ向かっていく方が

はるかに自分らしくいられる素敵な場面が待っていると思いませんか?


違和感なんてなんぼのもんじゃい!

たいしたことないんです。

その違和感、軽く、軽ーく、乗り越えてみませんか?!

2020年02月14日

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です