足下を見よ!

そのまんまですね。

衿を正しなさい。

知っている、分かっている、できている

と思い込まず、常に我が身を振り返りなさい。

小骨が喉の奥にひっかかったようにしっくりこなかったコトが、案の定(?)、ちょっとしたトラブルとなって芽を出しました。

ほんの少しの手間を惜しんだ結果の自業自得です。

看脚下

常に謙虚に、手間を惜します、常に我が身を振り返りながら、恐れず前に進みたいものです。

2020年03月03日

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です