世の中には実に多くの研修会社や個人コーチが存在しています。
似たものもあればそうでないものもあります。
例えば、弊社のように「組織開発」「人材開発」「マネジメント」「リーダーシップ」など、
まるでSEO対策のように言葉を連ねると、多くの会社が名前を連ねます。

「競合激しいのに、特別にブルーオーシャンでもないのに、よく起業する勇気があったね。」
などと、感嘆とも呆れてとも、どちらとも取れる言い方をされる時もあります。


あばたもえくぼ。たで食う虫も好き好きよ~。


と言い返す私。
いや、例が良くありません。

すっごく美人、すっごく美男子ばかりがもてるわけじゃないでしょう?
え~~~っ! と思うような人と、うそぉぉぉぉぉ!と思うような人が

お付き合いしていたりもするじゃない。
「競合」とか「競争」とか考えてないの。
「私がいい!インフィニティがいい!」という方たちが
きっといると信じているから。
だって、どんなに美味しいお菓子だって万人受けするわけじゃない。
異臭を放つクサヤだって、好きな人は大好きなのよ。
みんなに誰もから愛されるインフィニティじゃなく、
必要な人のお役に立てるインフィニティでありたいのよ~。


つまり!そういうことなのです。


「尾藤さんはうちの会社の雰囲気に合ってるんだよね。」

「例がたまんないんだよね。うちの奴らにドンピシャ響く!」


表現は様々ですが、「相性いいんだよね」ということでしょうか。
それも大切な、選択要因。
いえ、それこそが大切な選択要因だと思っています。

そして、その選択要因である「相性」は、
きっと、私の過去の遺産(苦ーい経験)によるもの違いないのです。
何度かこのブログで触れてきましたが、それはこんな感じです。

① 私はすごーく ダメ!ダメ!!マネージャーだったから。

② ダメ!ダメ!をなかなか受け入れられず、
ガンダムスーツを何重にも着て武装していたから。

③ 「変わる」ことに誰よりも苦労して、
プロコーチからも「あなたは無理ね」と匙を投げられたから。

④ 自分では仕事ができる! と思っていたけど、
実はそうでもないと分かったら、
そしてそれを受け入れることができたら、
とんでもなく幸せになったから。


世の中のマネージャーたちは頑張っている。
本当に頑張っています。
必死です。
何とか結果を出そうと、何とかチームを創ろうと、
頑張っていない人なんて、一人もいない!
みんな、頑張っているんです。

けれども、その頑張り方が少し違う。
本当はなんだかおかしいと感じているけど、それを声に出して言えない。
今から数ミリでも違うことをしてみるのがなんとなく怖い。
変えなきゃいけないはわかっているけど、それによって遅れを取りたくない。
そんな、あれやこれやの理由から、なかなかアクション出来ない。
その気持ちを誰よりも味わった、誰よりもわかる

私だからこそ伝えられること、できること

があると自負しています。


スマートに行きたい人は私じゃないんだと思います。

だって、私には「これをやったら成功間違いなし!」のような
成功哲学はありませんから。

けれども、

「これをやったら致命的!」は山のようにやってきて知っているし
泥沼からの這い上がり方も、絶望的ブラック状態からのホワイト化の道も
私なら伴走できると思っているのです。


だからね、うちを選びたい人はうちを選んでくれればいいし、
エリートコースを選びたい人はそちらを選んでくれればいい。


え~~~っ! と思うような人と、うそぉぉぉぉぉ!と思うような人がお付き合いしていたりするように、

え~~~~っ! と思うような方や企業様が、弊社を選んでくださるのも
まあ、言ってみれば

相性

なのです。


だから、私は人気講師Aさんの伝え方をマネする必要はないし、
大企業B社のプログラムをマネする必要もない。
私は私の、弊社は弊社のあり方で、
それを「良し!」としてくださるお客様に、
精一杯の真心と持てる力を込めて尽くすだけなのです。

2020年03月24日

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です