コロナによって否が応でも働き方を変えなければならず
暮らし方も変えなければならず
その変化の大小を問わずして
物理的なコトに対して変化を強いられています。

これまでは、職場のヒエラルキーに基づいて
会議室でひたすら喋っていたマネージャーは
オンラインミーティングに代わったことによって
画面上のフラットな状態と同様、
チームメンバーとフラットで有らざるを得ないかもしれません。

忙しいオーラ、話しかけるなオーラを発していれば
チームメンバーが忖度して話しかけることもなく
打ち合わせ予定時間が少々ずれ込もうとも、
自分都合でメンバーを動かしていたけれども
オンラインではそうもいかず
決まったルールで動かなくてはならず、
マネージャーのワガママがきかなくなっているかもしれません。

さあ、ここで質問です。

アフターコロナ、とまではいかなくても
今の在宅勤務やテレワークが終了し、
従来の状態に戻った時、
あなたのマネジメントは、
あなたのあり方は、
以前のそれに戻りますか?
今を続けますか?
それともこれを機会にさらに進化してみますか?

何かと不自由に感じてしまう今の状態も
考え方によってチャンスです。

そう

今がチャンス!

なのです。

ベテランマネージャーの中にはこんな風に言う人がいます。
「尾藤さんの言うことは頭では理解できるけど、
今さらスタイル変えるなんて、
恥ずかしくてできないよ。」

私から言わせていただければ

「恥ずかしいとか言ってないで、
変わりたいと思うならさっさと行動しろ~」

と思うのですが(「思うだけで決して言葉には出しません)、
なかなかそうもいかないようです。

けれども、今、全ての人たちがあらゆる事柄に対して
変化を求められている時。
だったら、それを利用しない手はありません。

これまで、つまらない男のプライド(?)が邪魔をして
変わりたくても変われなかったベテランマネージャーのあなた。

アフターコロナにおいても
元通りになるのではなく、
今をチャンスと、一層進化してみるのはどうでしょうか?

全てはものの考えよう。
そう考えれば、今はストレッチの時。
成長痛を感じれば感じれるほど、
その後の飛躍もあろうかというものです。


アフターコロナ
あなたはどんな自分で勝負しますか?



2020年04月19日

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です