コロナ自粛下において実施した初のオンラインセッション。
いつものように「ご報告書」を作成してお送りしたところ、
感動と喜びと身の引き締まる責任とで心が溢れるご返信を頂戴いたしました。

今回もありがとうございました。
コロナは人類にとって大きな負の遺産になることは確実ですが、
一方で会社や家庭に大きな財産も残してくれるのではないかと感じています。
夫婦や親子で一緒に家庭にいる時間がこんなに持てることは
これから先もまずありませんし、
社外でも仕事が出来ることに気づいた人も多いと思います。
当社でも、ようやくリモートワークに理解が広まってきました。
Aさんの今回のオンラインセッションに対する反応のように、
働き方に対する考え方も変わりつつあります。
今こそ意識と行動で大手企業に追いつくチャンスです。

それ以上に「危機感がもたらす精神的効果」は大きいと思います。
こういう時こそ社員や家族を大切にする会社、経営者かどうかが
はっきりわかります。
私自身も日々、その緊張感とプレッシャー、そして手ごたえを感じています。

財務面さえしっかりいていれば、まずは会社を残すことができますので、
それをやり切り、社員と未曽有の苦労をともにすることで
弊社の歴史に大きな財産を残していきたい、そう思ってます。

X支社は、社内で一番コロナの暴風に巻き込まれていますが、
A支社長は動じずに対処してくれる予感がしています。
ここを乗り切れば彼は大きく成長してくれるでしょう。
他のマネージャー達もそれぞれに尾藤さんのコーチングの成果を
現場第一線で活かしてくれるはずです。

コロナの時期に尾藤さんのマネジメントセッションを受けることができ、
私もX支社のかれらも感謝しています。
「間に合ってよかった」とあとからきっといえるはずです。

受講生から学ぶことは毎回、山ほどありますが、
ご用命いただいている経営者様からも、本当に多くを学ばせていただきます。
何より、こんなに素晴らしいものの見方をなさる方の
大切な社員の方たちのお手伝いができることは
喜び以外の何物でもありません。

「この人のために頑張りたい!」と思われるリーダーを目指してほしいと
セッションではよくお伝えするのですが、
「このお客様のために、この受講生たちのために頑張りたい!」と
心から思える方たちと出会い、関わる機会を頂けている私は
本当に幸せ者だと思うのでした。



2020年05月03日

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です