お客様の「我々は何者か」の問いのお手伝いをしている中で、
「私自身は何者か」を考えてみました。
日々、頭の中で意識していることを見える化することで、
新たな気づきを得ることができました。


「好き」が必ずしも仕事になっているわけではないし、
「苦手」であっても、それが仕事で活きている。

過去の苦い経験は、今、全てが財産になっている。

妙にこだわりがあったり、思い入れがあったり、
それらも今の自分にはなくてはならない要素である。

こうやって改めて、「私は何者か」のポストイット達を見ていると、
「元気」と「ごきげん」と「優しさ」と「愛」で
世の中をいっぱいにするのが私のやりたいことなんだと
しみじみ思うのです。


私は何者か

私は世の中を、いえ、そんな大それたことを言わずとも、
一隅を照らす、
「元気」と「ごきげん」と「優しさ」と「愛」で
周囲の人たちの笑顔に触れたい、
そういう者なのです。

これからもどうぞ、よろしくお願いいたします。


2020年05月27日

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です