近くの禅定院でぼたん祭りがあり行ってきました。

赤、白、紫、薄紅など色とりどりの牡丹が境内のお庭にそれは見事に咲き誇っていました。

まだ蕾が硬く閉じている一株は黄色の花を咲かせるとのこと。黄色い牡丹は珍しく、牡丹園など多くの花があるところでも多くは見られないようです。

薄黄色の花が開いたらどんなに美しいのかと想像しながら今一度、境内の牡丹を見回してみました。

 

まさに牡丹のダイバーシティ。様々な牡丹が一同に会して見事な庭を造っていました。

人間は、とんがっていたり、人と違っていると、受け入れられなかったり煙たがられたりすることもあるのに、黄色の牡丹は希少価値として珍重され、多くの人たちがその花を待ちわびています。

全てが赤の牡丹だったり白だったり、それはそれで美しいのでしょうが、色とりどりの花たちが共演する様子と比べてみると面白みに欠けるような気がします。

黄色い牡丹が花開くのを待ち遠しく思うと同時に、チームメンバー一人一人の個性も色々あってこそ美しいのだと改めて思うのでした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です