知人のSNSに印象深い投稿がありました。

自ら変わろうとしてる方へ。
アクセルを踏むより、まずブレーキを外す方が安全で自然です。


本当にその通りだと思いました。
変化を求めらたり、新たなことを取り入れなければならなかったり、
そのためにどんどんとアクセルを踏むことに意識が向きますが、
そんな時、たいていの場合は気づかずしてブレーキを踏んでいるものです。
めいいっぱいブレキーを踏みながら、もう一方でアクセルを踏み込む。
それでは進むはずがありません。

まずはブレーキを外す。
そのためにはどうすれば良いかと言えば、
「何が」ブレーキの要因、つまり「阻害要因」となっているかを見極めることです。

例えば、リモートワークの推進によりチームミーティングもオンラインになった。
しかし、部屋が写るのがイヤだ。顔出しはイヤだ。
だから静止画のままミーティングに参加する。
ところがリーダーからはカメラオンでと注意を受ける。
いやなんですけど~

その「嫌」の本当の理由は何なのか? です。
部屋が写るのがイヤなのは、片付けができていなくてみっともないから嫌なのか、
だらしないと思われるから嫌なのか、そもそもプライバシーオープンにしたくないのか、いろいろです。
そこの大本を確認して、そのブレーキを外さなければ
カメラオンにするブレーキを踏んでも、ブレーキが勝ってしまえば無意味なことです。
顔出ししたくないも同様ですね。

自分のコトでもメンバーのコトでも同じです。
いくらアクセルを踏み込んだところで、もう片方で一生懸命ブレーキを踏んでいたら、
空回りするどころか、下手したら故障してしまうかもしれません。

まずは最初にブレーキを外す。
そこから始めるのがいたって自然で効果的なのです。

2020年07月30日

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です