誰だって変わることができる

平生

地下鉄の中で2人の若い男性に絡まれて困っている二十歳前後の女性は足が不自由なようでドア隅に追い詰められて震えていました。誰も助けようとしない、見て見ぬふりをしている、そんな状態の中、彼女を助けたのは50歳近くの強面の男性。すごむ若者を相手に「文句があるなら新宿の〇〇〇に来い。

誰だって変わることができる

使う言葉で「人」がわかる

「どういう言葉をどんなふうに使っているかが、人となりを定義する」と言ったのは、ハーバード大学のロバート・キーガン教授です。「なるほど!」と納得すると同時にドキリともします。「そんなつもりで言ったんじゃないのにぃ。」と残念がってみても言われた相手が怒っていたり落ち込んでいた

誰だって変わることができる

昨日の間違いは今日の正解

「僕はこの仕事を40年以上もやっているけど、そんな話、聞いたことないよ!それはおかしい!!」すごい剣幕でMさんの言い分を否定するDさんは、この道一筋のエキスパートで誰からも一目置かれるスペシャリストです。そんなDさんが「おかしい!」と言うのですから、その場にいた多くの人たちは

誰だって変わることができる

「好き」を大切にする

「好き」と「できる(強味)」はイコールとは限らず、どんなに好きでもそれがあまりできると言い難い状態だとしたら、「強み」で勝負した方が良い結果を出すことができるのだから人は幸せになれる。だから、人は「できる」で勝負すべきである。これはかつての私の上司の言葉です。その仕事が好

インフィニティについて 誰だって変わることができる

人は変わる 

ある方から紹介していただいてコンサルタントのNさんにお世話になったことがあるのですが、とても親切かつ丁寧に対応いただき大変助かりました。機会があったら次もお願いしたいと心から思いました。そのことを知人に話したところ、「え~? Nさんのところ? あそこはね、Aさんが酷い目にあって

誰だって変わることができる

「伝える」って難しい

プライベートFacebookに久しぶりに投稿したところ、前職の先輩から愛ある突っ込みを頂きました。(元文章)普段、自分から進んで洋菓子を、しかもケーキを口にすることは殆んどない私ですが(あんこ党なので)、無性にココのモンブランが食べたくなり、ランチ代わりのケーキセットを頂き

誰だって変わることができる

主人公はあなたです

「由佳さんのおかげです!」ひと月半ほど前に煮詰まり切って連絡をくれた年下の友人が嬉しいメッセージを送ってくれました。私は特に何かをしたわけではなく、ただ彼女の話をひたすら聴き、感じたことを少しばかり伝えただけ。難しいテクニックを伝えたわけでも迷路を抜ける秘策を教えたわけでも

マネジメントこぼれ話 誰だって変わることができる

理解していても応用は難しい

認知が進む父に気を揉む私は父が迷子にならないように、万が一迷子になったとして自宅へ戻ってこれるように何とか事前の策を講じたいと、出かける時には必ず携帯電話を持っていくように何度も言うのですが、言えば言うほど父は反発してしまいます。「けどさ、心配だから。お願い。」「心配してくれ

誰だって変わることができる

傲りの神がワナを仕掛ける

師の手書きによるメッセージが毎月の教えと心にささるカレンダー。9月のメッセージは「順調な時が一番難しい 傲りの神がワナを仕掛ける」でした。奢っているつもりは無いのですが、ちょっと調子に乗ってしまったり、注意力や配慮に欠けてしまったり。つまりは「ちゃんとできていない」状

誰だって変わることができる

気になるコトは学べのサイン

テレビでT社の会見を見ながらブツブツと文句を言う私。ふと見ると、母は知らん顔して本を読んでいるし、父は何やら片付け物をしています。私がテレビに対して何か言うことは滅多にないのですが、今日ばかりは自然と言葉が出てきたのです。それも、あまり美しくない言葉が。無反応の両親を見て